読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

「水曜日のカンパネラ」の戦略と「コムアイ」のすごさを語る

音楽 YouTube

「水曜日のカンパネラ」とは、歌と主演の「コムアイ(KOM_I)」と、作詞作曲の「ケンモチヒデフミ」と、それ以外の色んなことをやってるらしい「Dir.F(ディレクター・エフ)」で結成された音楽ユニットだ。現在大ブレイク中で、武道館での公演も決まった。
今回はその水曜日のカンパネラ(以下「水カン」)について語りたい。

個人的に好きな水カンの曲

まず先に、個人的に好きなMVを紹介する。まだ聴いたことのない人はとりあえず何か聴いてみてほしい。公式がほとんどの曲をYouTubeにアップしているので無料で視聴できる。以下のリンクから動画一覧へ行ける。
水曜日のカンパネラ - YouTube

このブログ内でも紹介していくので気になったら再生してほしい。

『シャクシャイン』

ひたすら北海道の地名や観光スポットを言っていく感じの歌詞。間奏中の映像がとてもいい。最初に水カンのMVを見たときの感想は「歌下手だけど映像スゴっ!」だった。初期の曲だと、『モスラ』の廃墟とか『ミツコ』の演出が好き。水カンは色んな映像作家や演出家を呼んで動画を作っているので、MVの豪華さで言えば日本トップクラスのアーティストだと思う。

『メデューサ』

コムアイ的な指標で見るならこの曲。夜に歩きながら踊るの楽しそう。コムアイダンスは『インカ』という曲のMacBook閉じた後のぴょんぴょんする踊りが一番好きなんだけど、総合的な演出だとこっちが上かな。

水カンの武器はコラボとタイアップ

人気や知名度を獲得するための手軽な方法の一つは「コラボ」で、今のYouTuberなんかを見ているとそれがよくわかる。「木下ゆうか」や「はじめしゃちょー」のようなトッププレイヤーでさえ、うまく大物とコラボして今の地位までのし上がってきた。人気商売のYouTuberがやたらとコラボ動画を作るのはそういう理由だが、これはアメリカの音楽業界なんかでもよく見られるもので、YouTubeで視聴回数の多いアーティストほどフィーチャリングを頻繁にやってる。

また、ゲームなどと違って動画は収益を回収するシステムが貧弱なので、人気を得た後は企業とタイアップするコンテンツ広告が流行りつつある。
しかし、「養命酒ラップ」を歌えるYouTuberならともかく、アーティストは自分たちの世界観があるわけで、それを崩さずにコラボやタイアップをするのは非常に難しい。

他のアーティストに勝る水カンの大きな武器は、普段の活動の延長上でほとんど何とでもコラボできることだ
裏にいる人達が優秀なのだと思うが、コムアイは色んなところで対談やインタビューをやっているし、相手のグレードがどんどん上がってきている。例えば『桃太郎』をきっかけに高橋名人とも対談している。
高橋名人×水曜日のカンパネラ ~90年代ゲームカルチャーと音楽を語るスペシャル対談!~(2015.1月号掲載 DI:GA interview)|DISK GARAGE (ディスクガレージ)

楽曲自体がほとんどの人にとってわけのわからないものだったとしても、これからどんどん格の高いクリエイターや企業とコラボして、人気の階段を登っていくことができる。
また、タイアップに関しては、すでに日清やトヨタなどトップクラスの企業と実現している。

『ラー』

『ラー』という曲は、日清の「カレーメシ」とタイアップして作られた。見てみるとわかるが、めちゃくちゃ質が高い。MVのクオリティの高さで言えば日本の有名アーティストの中でもなかなか見ないレベルだ。宣伝費がどれだけ貰えたのかわからないが、少なくとも質の高い動画をつくれるというメリットが水カン側にあったと思う。

『松尾芭蕉』

これはトヨタの「プリウス」とコラボしている。グレードの高さで言えば国内でこれより上の企業は存在しない。芸術性も高いし、かなりの金と労力がかかってるように見える。

ただ、『ラー』にしても『松尾芭蕉』にしても、タイアップ動画だと言われなければわからないものになっているし、水カンの曲としてまったく違和感がない。水カンは、自分たちの世界観を崩さずに、おそらくこれからも色んなところとコラボしていくだろう。

それが可能なのは、戦略的に、言葉や各音楽ジャンルの技法をあえて浅く扱っているからだ。
ジャンル・ダルクとバスガイドが紐付けられるような曲があったりしても、そこに重要なメタファーがあるわけではないし、なんかそれっぽいという以上の意味はないだろう。表面的なイメージを色々なところから借りてくるが、その内実の深いところには意図的に踏み込まないようにしている。

実はこういう手法は、「オタク文化」と言われてきたような、マンガ、アニメ、ゲーム、フィギュア、コスプレなどの領域で使われてきたものだ。「メディアミックス」と言われたりもする。
水カンは、もともと「二次元」で行われていたメディアミックスの戦略を取り入れた音楽ユニットだと言うことができる。

なぜ日本は〈メディアミックスする国〉なのか (角川EPUB選書)

なぜ日本は〈メディアミックスする国〉なのか (角川EPUB選書)

水カンの戦略はメディアミックス

「モンスト」とか「パズドラ」のような昨今のスマホゲームに馴染みのある人は、メディアミックスがどういうものなのか感覚的に知っていると思う。

メディアミックスは、複数のメディア、ジャンルの垣根を超えて、キャラクターなどを行き来させ、お互いに宣伝し合うやり方だ。例えばあるマンガをアニメ化した場合、もともとのマンガのファンはアニメを見るだろうし、アニメから入って原作を買う人もいるだろうから、両方にメリットがある。

ただ、メディアミックスはコンテンツが高水準になるほどやりにくくなる。ジャンル横断的な展開は、情報量が少ないからこそできるものでもあるからだ。
主に「二次元」の世界で、ジャンルを超えたコラボやグッズ展開が盛んになったのも、少ない情報量で表現され視覚的に一貫している平面のキャラクターのほうが、それをやりやすいというのが理由だ。
アニメは、アーティスティックになるほどコラボが難しくなるし、ゲームにしても独自の動きを追求するほどコラボしにくいものになっていく。

日本で流行っているような「ガチャ」のシステムがあるスマホゲームの多くは、「キャラ」や「モンスター」にあたるデータベースの量が圧倒的に多いのが特徴で、例えば「クラロワ」のカードが70種類ほどなのに対し、「パズドラ」はモンスターの数が3000体を超えている。
なぜこれほど数に差が出るかと言うと、「パズドラ」は画像と数字さえあれば新しいデータ(モンスター)を追加できるような低水準にあえて留めているからだ。

データベースを継ぎ足しやすい形式にすることと、複雑で精密なゲームの動きを追求することとは、バーターな関係になっている。
これは、スマホRPGに新しいキャラを追加するのと、「スマブラ」に新キャラを追加するのとで、作る側にとっての負担を考えてみればすぐにわかる。

日本のスマホゲームは、画像とテキストだけでデータを追加できる低水準をあえて維持し、メディアミックス戦略を採用しているタイトルが多い。
その種のゲームは、データを追加し続けるプラットフォームでもあり、あえて浅く関わることでコラボする版権の人気だけを取り入れる。
例えば、「モンスト」は「ドラえもん」や「エヴァ」など有名な版権とコラボしているが、だからといってモンストに「ドラえもん」らしい要素が加わったわけでもないし、「エヴァ」らしいゲームになったわけでもない。画像とテキストの水準で浅く扱うからこそ、版権の人気だけを借りられる。

f:id:skky17:20161114195749j:plain

子供だましみたいなやり方かもしれないが、この戦略が成功していることは紛れもない事実だ。2015年の日本のゲームアプリ市場が世界最大だったというデータもある。
2015年の日本のゲームアプリ市場は9453億円、世界最大に - ケータイ Watch

前置きが長くなったが、これと同じやり方を音楽に取り入れているのが「水曜日のカンパネラ」だと言える。

多くのスマホゲームに、『桃太郎』とか『ナポレオン』とか『アラジン』といった、神話や歴史上の人物がキャラとして登場するが、水カンの曲のタイトルも同じだ。

曲名を初期のものから並べてみると

  • オズ
  • 空海
  • ブルータス
  • マチルダ
  • ドガ
  • 月詠
  • マルコポーロ
  • お七
  • ゴッホ

となる。これらの名称と楽曲が必ずしも深く関連しているわけではなく、ほとんどが言葉とその表面的なイメージを借りてくる感じになっている。
扱っている対象への特別に深いこだわりがないからこそ、色んなものとコラボできるし、色んな企画やパフォーマンスができる。あらゆるものに手を伸ばせるけど、一方で底が浅いしワンパターンでもある。

今はコムアイが注目されているが、もともとはプラットフォーム的な考え方をしていて、コムアイも代替可能なものの一つだったのではないかと思う。最初は歌手の女の子が3人いたけど逃げられてしまったらしい。コムアイありきで始まった企画ではないけれど、やらせてみたらコムアイがすごかった!という感じなのではないだろうか。

『ヒカシュー』という水カンの楽曲があったのだが、同名のアーティストから勝手に名前使うなと抗議されてちょっと前に話題になった。どちらかと言えば抗議した側の分が悪い案件だったのだけど、その際に水カンはあっさり曲名を変更。ヒカシュー達が「どうせならもっとこだわりを持ってタイトルをつけてほしかった」とこぼした、という話がある。そして変更後のタイトルが『名無しの権兵衛』っていうw
水カンの特徴をよく表しているすごいエピソードだと思う。そういう「強み」を持っている。

一方で、色んなものを表面的に扱う際の困難があって、それは「恥」だ。
オタク系のコンテンツでは二次元だからこそ成り立ってきたわけで、もともと生身の人間にやらせていいようなものではない。
一人の等身大の人間でありながらこれを成り立たせるコムアイがすさまじい。

コムアイの歌を聴いてうわああああああああ/(^o^)\ってなったことない?

「共感性羞恥」という言葉がある。映画やアニメなどの恥をかくシーンとか、素人ののど自慢とか、スベってる芸人とかを見ると、自分も恥ずかしさを感じて「うわああああああああ/(^o^)\」ってなっちゃうやつ。

僕はそれを、最初に水カンのYouTube動画を見た時に感じたし、Mステの「桃太郎」は最後まで見てられなかった。

なかないレベルで共感性羞恥を感じてしまうくらい、水カンの歌は恥ずかしい。そしてその「恥」は、あらゆるものを表面的に扱う方法に必ずついて回るものだ。
誰だって、未熟な部分を人前で露わにするのは恥ずかしい。「芸」と言われるものは、一定の型に沿った洗練を目指す。これは伝統芸能に限らず、あらゆるジャンルに言えることだ。そして身についた型の後ろ盾があるからこそ、堂々と人前で自分を表現できる。

水カンは、そのスタイル自体が洗練を否定するものになっている。
コムアイは歌が上手いとは言えないが、そもそも曲自体が上手く歌いようのないものになっている。
ニッチなわけでもハイセンスなわけでもなくて、戦略的な低水準をあえて選んでいるのが水カンのやり方なのだ。

水カンの戦略を一言で言うと、曲を低水準で作って他とコラボしやすい形にして、動画や企画は金と人材を呼び込んですごいことやろう、ってことだと思う。

繰り返すが、これはオタク的な文脈で二次元のキャラやボーカロイドがやってきたことだ。それを生身の音楽ユニットがやること自体は斬新な試みと言えるだろう。しかし普通に考えて、「下手」を晒し続けることにならざるをえないわけで、歌う側のメンタルにとてつもない負担がかかる。

洗練の否定についてまわる「恥」

けっこう記憶は曖昧なのだけど、大学に入って間もないくらいの頃、池袋に行って、その日はコスプレのイベントか何かをしていたのだと思う。そうなったまでの経緯はわからないけど、男装をしていた女性の集団が警察に職質みたいなことをされていた。そのときの警察官の見下したような態度と、脇を歩く人達の視線や仕草が、なにか忘れにくいものとして心に残っている。

マンガやアニメやゲームやフィギュアなど、その種の日本のコンテンツについて思うのは、そこに「恥」のようなものがペッタリくっついているということだ。そのような感覚も段々なくなりつつあるのかもしれないが、例えば公の場でアニメやゲームのタイトルを口に出すことを想像すると、やっぱり恥ずかしいとまだ自分で思ってしまう。
水カンの歌詞で「ファイナルファンタジー」っていう単語なんかがでてくるともう「うわあああ/(^o^)\」ってなっちゃう。

テレビで放映される低予算アニメや、版権を借りてくる関連グッズなどは、「洗練」を目指さず、他の色んなジャンルと足並みを合わせ協調する形で発展してきた。そして、そういうやり方には軽蔑が付きまとう。

アニメの「鉄腕アトム」が大ヒットしたとき、バンダイを始め多くの会社が版権を使った玩具ビジネスに参入した。そのときからすでに、ある人達にとって版権モノの玩具は軽蔑の対象だった。玩具としての質の高さを追求せずに、まったく違う分野であるアニメの皮だけを借りてくれば、陳腐な作りのものでも飛ぶように売れたからだ。

「オタク」文化に対して、性的なものがあるからとか、反社会的だからとか以上の、理屈に基づかないような差別と偏見が見られた時期もあった。その要因の一つに、それが「どこかに属しきるものだはなかったから」というのがあると僕は考えている。(しかしそれが不寛容さだとは思わない。差別を受けながらも、そのようなものが日本では成り立ってきたわけだから。軽蔑はしかるべき対価だったとも言える。)

型に沿った洗練を否定し、他のものとの接続と協調を重視するやり方……それは、戦略として有効であると同時に、対価としての「恥」は避けられない。
コムアイが歌っているのを見て、「えっ、なにこれ?」と思ってしまう人は多いだろうが、それはほんの少し前にオタク達に向けられてきた視線でもあるし、そういう感覚は素朴に人間に備わっているものだ。

主人公みたいなコムアイの強さ

「枠組み」や「形式」があれば人間わりとなんだってできる。
宗教間や人種間の殺し合いなどは極端な例にしても、例えば「頑張ってるアイドル」といったイメージが共有されているなら、その枠に沿った活動は比較的ラクになる。コスプレなんかも、今はもうある程度しっかりした枠組みを得ていると言える。
「ナンパ」という街中で女性に声をかける行為は、本来は勇気がいるものだけど、こういう個別にやるのが恥ずかしい種類のことは皆で群がってコミュニティを作っちゃう。仲間をつくって、一定の形式をつくりあげれば、どういうことでもやりやすくなるのだ。

コムアイは、「水曜日のカンパネラ」の戦略に避けがたく付いてくる「恥」と、あえて向き合って全力で戦うことを、自分の表現にしているように見える。
「ゲリラ路上ライブ」という、曲を歌いながら人混みの中を歩く罰ゲームみたいなことをやったりしているのだが、かなり自覚的な印象を受ける。

知り合いのホームパーティーで「歌わないか」と誘われたのが活動のきっかけらしいけど、最初からこれをやりたかったのかどうかはわからない。初期のコムアイが作曲した歌詞を見るとまともすぎて切なくなるw

コムアイのインタビューとか見てる限り、たしかに美人だし教養もあると思うけど、特別なセンスがあるともクレイジーだとも思わない。普通に常識的でまともな人だと思う。
ただ、コムアイが特別で魅力的なのは、純粋な強さがあるからだ。なんというか、王道の主人公みたいな感じの、「レベルを上げて物理で殴る」的な強さを感じる。もちろんそれは色んな努力があってのことだと思うけど。

f:id:skky17:20161114193743p:plain

コムアイの戦いは、程度の差はあれ、多くの人が直面するかもしれないものでもある。社会の既存の枠組みが破綻しつつあるなかで、わかりやすい場所に自分を当てはめることができない人はたぶんこれから増えていく。
歌に対してよく使われる褒め言葉に「勇気づけられる」というのがあるけど、僕もメンタルが折れそうなときにはコムアイの路上ライブ動画を見たりしてる。

武道館公演も決まって、コムアイの地位とカリスマ性は確立された感じもするが、それで戦いが楽になるとは限らない。演じる本人が一番、既存の洗練と自分自身との落差に直面し続けることになるわけで、表現を真面目に考えるほどキツくなっていくかもしれない。

長々と述べてきたけど、ようするに、コムアイは今もっとも応援したいアーティストの一人だと言うことだ。
コムアイはすごいのでもっとみんなで応援しよう!」ってことが言いたかった。ここまで王道の主人公みたいな強さを持っていて、しかも過酷な道を歩き続けようとする人は、なかなかいないと思う。
メディアミックス的なことを音楽ユニットでやる、という「水曜日のカンパネラ」の戦略の是非はわからないけど、少なくともコムアイを発掘したのだから大きな意義があったのではないか。

コムアイは、自分の影響力を高めたくて音楽活動を始めたと言っていたし、発言もけっこうポリティカルだったりするので、最終的には日本の総理大臣になってほしい。