しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

Hulu(フールー)とは何か?登録して見れるおすすめのドラマやアニメなどを紹介

Hulu(フールー)とは一体どういうサービスなのか?

どんなドラマやアニメや映画が見れるのか?

契約する際の注意点は? どうやって退会すればいいのか? などを書いていく。

Hulu(フールー)って何?

Huluは、月額933(税抜)で登録したら、中の動画が見放題になるサービス。途中で広告などは一つも流れない。

「この作品を見るには◯◯円必要です」というのが一つも無く、何をどれだけ見ても月1000円だ
月1000円を高いと思うか安いと思うかは人による。週刊少年ジャンプを毎週買うのとだいたい同じくらいの出費。

視聴可能なドラマやバラエティの質と量を考えると、かなり良いサービスだと思う。

以下、何が見れるのか、おすすめの動画など、詳しく説明していく。

Huluで見れるおすすめのドラマ、アニメ、映画

実際にサイトへ行って自分で探してみることも可能。
登録・ログインをする前から、どの動画を見れるのかはわかる。検索することもできる。

Huluのサイトはこちらから↓

ただ、膨大な数がある一覧から探していくのは大変だったりする。
以下、個人的におすすめしたいものを紹介していく。


ゲーム・オブ・スローンズ
f:id:skky17:20161209174629j:plain
個人的には海外ドラマの中でも最高傑作だと思うファンタジー超大作。これに関しては個別に記事を書いた。
「ゲーム・オブ・スローンズ」が最高の海外ドラマだと確信した【おすすめ動画】 - しっきーのブログ


シリコンバレー
f:id:skky17:20161209174633j:plain
西海岸のベンチャー界隈を扱ったドラマ。起業して一山当てようとする野心ある主人公たちのドラマでもあり、ギャグセンスが非常に高い。キャラ全員がよく考えられてて面白い。ベンチャー・IT界隈やエンジニアあるあるネタなどもあってニヤリとしてしまう。


プリズンブレイク

f:id:skky17:20161209174703j:plain

海外ドラマの中では一番有名な作品の一つではないだろうk? 知名度を裏切らないレベルで面白い。刑務所モノなのだけど、アメリカ社会のシビアさを反映させたような内容だと思う。


HEROES/ヒーローズ

f:id:skky17:20161209174708j:plain

日本のコミックやオタク文化に影響を受けた、SFアクション系のテレビドラマ。色んな能力を持ったヒーローが登場する。ヒロ・ナカムラ役をやっているマシ・オカの変な日本語が好き。ヤッター!!


家政婦のミタ

f:id:skky17:20161209174714j:plain

日テレの「水曜ドラマ」枠の大人気作で、しかも原作のないオリジナルストーリー。(家政婦は見たのパロディだが。)視聴率40%を叩き出した化物のようなドラマだ。松嶋菜々子が演じる三田灯のキャラが強烈。


PSYCHO-PASS/サイコパス

f:id:skky17:20161209174723j:plain

まどマギなどの「虚淵玄」脚本の、容赦ないSFアニメ。1期は神がかった面白さ。残酷な話が苦手じゃないならおすすめ。


パプリカ

f:id:skky17:20161209174730j:plain

筒井康隆が原作で、日本のみならず海外の映画監督などにも大きな影響を与えた神アニメ。2時間ほどで見終わるアニメ映画なので、Huluに登録したらぜひ見てみてほしい。


秒速5センチメートル

f:id:skky17:20161209174804j:plain

『君の名は。』で世界的なアニメーション監督になった新海誠の魂の作。新海の作家性が一番濃縮されているのはこの作品だと思う。


インセプション

f:id:skky17:20161209174809j:plain

『ダークナイト』や『インセプション』を撮ったクリストファー・ノーラン監督の中でも、個人的には一番好きな作品。


バック・トゥー・ザ・フューチャー

f:id:skky17:20161209174814j:plain

完璧な娯楽映画。序盤、中盤、終盤、隙がない面白さ。PART3までちゃんとHuluで見れるゾ。


ゴットファーザー

f:id:skky17:20161209174819j:plain

マフィアのファミリーを描いた名作。長いし、古い映画だけど抜群に面白い。これもPART3まで見れる。ロバート・デ・ニーロが出て来るPART2が良い。


パルプ・フィクション

f:id:skky17:20161209174826j:plain

いまだにクエンティン・タランティーノの最高傑作と称されることもある名作。大した話ではないんだけど大好き。


モテキ(映画)

f:id:skky17:20161209174901j:plain

久保ミツロウの漫画とそれを元にしたテレビドラマの映画版なんだけど、森山未來もリリー・フランキーもいい感じ。途中でパフュームが出演したりと、楽しい映画。

バラエティ番組やドキュメンタリー

Huluでは、バラエティ番組やドキュメンタリー、リアルタイム放送も視聴可能だ。ドラマやアニメに比べると劣る感じが否めないし、「オマケ」のようなものだけど、けっこう面白いやつもある。


サバイバルゲーム

f:id:skky17:20161209174919j:plain

めっちゃ好きなドキュメンタリーで、イギリス軍特殊部隊のベア・グリルスが過酷な情況から生き残るといった趣旨の番組。これ見るためだけにフールーに登録する価値があるぞ!


MOCO'Sキッチン

f:id:skky17:20161209174926j:plain

683話ぶんが現在Huluにストックされている。ランダムなやつ見ても大量にオリーブオイル使ってて笑う。キューピー3分クッキングも見れるよ。


笑点

f:id:skky17:20161209174933j:plain

ネット配信で「笑点」を見るとわりと新鮮な気分。「ガキ使」もあるし、「エンタの神様」なんていう懐かしいお笑い番組も見れるぞ。

huluオリジナルコンテンツ

huluが作ってhuluの中で放送しているドラマもある。テレビ局のように、動画配信サービスが自らドラマやバラエティを制作している。


代償

f:id:skky17:20161209174942j:plain

小栗旬主役のクライムサスペンスドラマ。キャッチーな感じはしないけど、評価はけっこう高い。


フジコ

f:id:skky17:20161209174954j:plain

真梨幸子の小説『殺人鬼フジコの衝動』が原作で、多分Huluのオリジナルコンテンツの中では一番ビッグ。全部で6話しかないので、すぐ見終わる。かなり面白いとは思うけど万人受けはしないだろうね。


あなたの街のイチオシ美少女グランプリ

f:id:skky17:20161209175001j:plain

「ホリプロ」と提携している企画。こういうのもある。オリジナルコンテンツに関してはもっとNetflixを見習って欲しいと思わざるを得ない。テレビ局っぽいキモさ。まあ最後まで見たんですけど。


渡部の歩き方

f:id:skky17:20161209175009j:plain

アンジャッシュの渡部が地方のいろんな名店に行って飯食うだけの番組。テレビっぽい演出がなくて、けっこう面白い。ネット配信のオリジナルコンテンツはこういうのたくさん作って欲しい。

Huluを使う際の注意点、支払い、退会・解約の方法など

Huluに登録する際の一番の注意点として、動画のラインナップが永続的なものだとは限らないということだ。例えば、人気のない作品の契約が切られてしまったりすることがある。

そんなに頻繁には入れ替わらないので、基本的に心配する必要はないけど、念のために検索欄から確かめてみることを推奨する。

f:id:skky17:20161209175403j:plain

検索ボックスに文字を入れると、それが見れるかどうかがわかる。(ログイン不要)

f:id:skky17:20161209180018j:plain

スマホで見ている場合検索ボックスが出てこないけど、右下の「PCサイト」というリンク先に行けば、検索することが可能だ。


Huluのサイトはこちらから↓


あと、スマホやタブレットで見る場合、iOS、Android共にアプリをインストールしなきゃいけないんだけど、まずはサイトに登録する。その後で必要なアプリを入れてねってなるので、戸惑うことはないと思う。
登録したパスワードはちゃんと覚えておくようにしよう。


Huluの支払いは

  • VISAカード
  • Masterカード
  • JCBカード
  • American Express
  • Diners Club
  • PayPal
  • ドコモケータイ払い
  • auかんたん決済
  • iTunes Store

など、各種クレジットカード、電子マネー、携帯会社の料金支払サービスで可能。
大手のサービスだけあって、いろんな支払い方法に対応している。


Huluには2週間のお試し期間があって、とりあえず登録してみて、駄目なら期間内に退会すれば一切お金はかからない

退会のやり方はわかりやすく、良心的なほうだと思う。

「アカウント」という項目に行くと、そこに「登録をキャンセル」がある。さらに進むと「ご解約手続きを継続する」というボタンがあって、パスワードを入力すれば解約手続きが完了。

f:id:skky17:20161209180418j:plain


酷いサービス、例えば「TSUTAYA DISCAS」などは、無料お試し期間で登録させておいて、解約の手続きをわかりにくくしている。しかしこのような方法は長期的に見れば自分の首を絞めているだけだろう。

サービスの内容を充実させていて、ユーザーを引き止める自信のあるところほど、解約方法をわかりやすくしている。その点で見れば、Huluは良質なほうのサービスに分類されると思う。

なぜHuluのようなサービスが可能なのか?

「Netflix」「dTV」「U-next」「Amazonプライム・ビデオ」などのようなサービスを、SVOD(Subscription Video on Demand:サブスクリプション・ビデオ・オンデマンド)と言う。これは「定額動画配信」といった意味だ。

ダウンロードのいらないストリーミング再生で、登録すると動画が見放題。YouTubeのように、ウェブ上、アプリ上でそのまま動画を再生する。
そしてHuluは、国内のSVODの中でも、Netflixと並んでトップクラスにいるサービスだ(と個人的には思う)。


Huluのサイトに行ってみると、そのコンテンツの充実っぷりに驚くと思う。
制作資金をたっぷり使った海外ドラマや映画の名作が1万本以上もあり、今も新しいジャンルの動画が追加され続けている。
一日中ずっと動画を流しっぱなしにしても、すべてを見ることは到底不可能だ。かつてのレンタルビデオ店などに比べても、圧倒的に安すぎる。
いったい何故、月にたった1000円払っただけで、これほど大量のドラマやアニメや映画を見ることができるのだろうか?

その理由は、視聴作品の「情報材」という特性にある。「物理材」と違って、データなので、いくらコピーしても複製費用は無料だ。
また、コンビニやレンタルビデオ店は、商品を陳列するのにコストが必要になる。CDやDVDを置いて管理する場所代や人件費がかかっているのだ。しかし、電子化すればそのコストも限りなく安くなる。

そのような理由で、SVODは、コンテンツの量と質のわりに値段がすごく安いのだ。
今は見られていない「過去の名作」も、貸し出してちょっとお金になるなら……と権利を持っている側は思うので、SVODサービスのラインナップに加わりやすい。


そもそも、「動画」はテレビで無料で見られていたようなものだし、YouTubeやニコニコ動画など、ネット上にも「無料で見れる動画」は膨大にある。
そのような情況で、ユーザーに月額料金を払わせるというのは並大抵のことではない

Huluを始めとする動画サービスは、死に物狂いで、「金を払う価値がある」と思ってもらえるようなプラットフォームを運営しているのだ。

他と比較してのHuluのメリットとデメリット

他のSVODと比較して、Huluの良いところと悪いところを挙げていく。

良い点として、まずは揃っているコンテンツの良さだろう。動画配信サービスはそれがすべてとも言えるが、『ゲーム・オブ・スローンズ』や『シリコンバレー』を始め、他のSVODでは見られない良コンテンツが多く、バラエティや子供向け作品など、全体的に充実している。

あと、企画や特集が多いのも特徴。
現在は映画『ファンタスティクビーストと魔法使いの旅』が公開中だけど、その「劇場公開関連作特集」として、過去の『ハリー・ポッター』シリーズがすべて見れるようになっている。

f:id:skky17:20161209180434j:plain

以前『シンゴジラ』が話題だったときなどは、過去のゴジラシリーズがすべて見れるようになっていてありがたかった。
他にも企画や特集が多くて、良い意味でのテレビっぽさがある。


悪い点として、配信スケジュールを詳細に公開してくれないことがある。これはけっこう不便。
また、(これは膨大な作品を一つの場所に並べる上で仕方ないことではあるが)動画の一覧が見にくい。

Netflixのように、オススメを自動的に教えてくれる「レコメンド機能」も貧弱。まあ中の人がピックアップしたものを見てくれよ、といった感じなのかもしれないが。

Huluについてもっと詳しく

Huluはもともと日本の企業ではなく、NBC、FOX、ABCなどのアメリカの大手スタジオが共同出資して作ったサービスだ。
YouTubeの対抗馬として生まれ、テレビ局が作った映像をアップしていた。最初の「Hulu」はすべての動画が無料で見れて、その延長に「Hulu PULS」という月額課金のサービスがあった。
しかし、無料版にしても有料版にしても、どちらもテレビのようにCMが間に導入され、あまり使い勝手の良いものではなかった。

2011年には日本に参入したが、日本の「Huluジャパン」は正式なアメリカ版とはビジネスモデルが異なり、最初から現在のような月額課金のサービスだった。
しかし、それほどまでは上手くいかず、アメリカでも日本でもHuluは行き詰まっていく。

2014年に転機が起きた。地上波のテレビ局「日本テレビ」が、「Huluジャパン」を事業買収したのだ。(買収額は公表されていない。)

これは業界が激震するくらいの出来事で、テレビ局が大手ネット配信サービスを買収して、SOVDに本腰を入れるようになったことを意味する。
ライバルとなる日本のSVODでは、NTTドコモとエイベックスが共同で運営する「dTV」や、フジテレビが運営する「フジテレビオンデマンド」があるのだが、フールージャパンの買収によって、日テレが最強クラスのプレイヤーになったのだ。

ちなみに、民法のテレビ局同士はあまり敵対的な感じじゃなく、日本テレビの人脈でTBSやテレ東などが、Huluに自社のドラマやバラエティを貸し出している。
もともとはアメリカのドラマがメインのサービスだったし、基本的には今もその路線なのだけど、日本のバラエティやドラマなども、ラインナップに加わってきている。

また、テレビ局がドラマを作るのと同じような要領で、「Hulu」もオリジナルドラマやバラエティを制作している。上でも紹介したが、これから色んなコンテンツが作られていくだろう。
まだ発展途上のサービスでもあり、これからどういうコンテンツが揃っていくのか楽しみだ。


最後に、Huluにはアフィリエイトプログラムがあって、もしこのサイトからHuluに登録してくれた方がいたら、このブログを書いてる僕にも紹介料が入ることになっている。
だから特別に勧めているというわけでもなく、普通にいいサービスだし、試してみても損はないんじゃないかと思う。

ただ、「Huluというサービスは気になるけどこのブログの紹介は糞だから紹介料入れたくない」という方がいたら、検索などから公式サイトのページに入れば、このブログにはお金は入らない。

参考になったぜありがとう!」って感じだったら、当ブログからのリンクでサイトに飛んでほしい。
以上、お読みいただきありがとうございました。

Huluのサイトはこちらから↓