しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

開発しているウェブサービスのこと

4月頃から、僕ともう一人の二人のメンバーでウェブサービスの開発をしていて、完成間近だ!

コミケ終了後の8月15日にβ版をリリースする予定。


くだらないことがやりたかった。

「便利」とか「最適」の追求は、放っておいても誰かがやるので、そういうのとは違うことがしたかった。

そして、「くだらないこと」をやるためにも、強い意志と明確な設計が必要なんだということが、身にしみてわかった。



サービス名は「Webgeki(ウェブゲキ)」。

ウェブ上で論戦をして、勝敗をつけて遊ぶサービスだ。


オンラインでできるディベートのゲームみたいなものと考えてもらえればわかりやすいと思う。

ただ、ディベートと違うのは、ユーザーが勝敗の判定をする側の「ジャッジ」としても参加できることと、「運動と瞑想どっちが健康にいいか?」みたいなふざけたものも含めて論戦のテーマが何でもアリということだ。


開発中の画像だけど、イメージとしてはこんな感じ。


f:id:skky17:20160807205149p:plain

f:id:skky17:20160807205203p:plain

f:id:skky17:20160807205213p:plain

f:id:skky17:20160807205228p:plain

f:id:skky17:20160807205240p:plain

f:id:skky17:20160807205254p:plain


詳細はリリースしたときにちゃんと書くし、ウェブゲキのサイト自体にもしっかり遊び方は書いてある。




技術的な面では本場に大きく遅れをとる日本のインターネットが、唯一他より優れていると言えるものが、「場所」だと思う。

なぜそうなったのか。現実世界の抑圧が強かったからなのか。

それはわからないが、「2ちゃんねる」や「フラッシュ倉庫」をはじめとして、日本のインターネットは、独特の空気を醸し出す「場所」を生み出し続けてきた。


そして「ウェブゲキ」も、インターネットの「場所」をつくりだすことを目指している。


何のための「場所」なのか? なぜネットにそのような「場所」が必要なのかと言うと、リアルではできないことがしたいからだ。

議論とか言い争いみたいなことは、世間の目や人間関係が気になる「リアル」でやろうとしても、なかなか難しい。(特に日本においては。)


ネット空間であれば、原理的には、身分も立場も関係ない論戦が可能なはずだ。

しかし、今のネットで議論(や喧嘩)をするような人は、ネットの住民にさえ「うわぁ……」という目で見られがちだ。

ちゃんと議論できる「設計」が存在しないから、まともな人がやろうと思わないし、何らかの結果が積み上がっていくこともない。


今のネットは「言いっ放し」の世界だ。誰かに何か言われたときに、それを返す義務はないし、議論なんて成り立たないものだとみんなが諦めている。

そして、声の大きい人や、極端なことを言ってはばからない人達が、大手を振っている。


だからこそ「設計」が必要だった。ユーザーがまともに議論したいと思える設計が。


ウェブゲキは、論戦に勝ったり、勝敗の判定をうまくこなすことで、ランクが上がっていく。

スプラトゥーンのガチマッチの仕組みと同じようなもので、上のランクに進むほど、バカや地雷とマッチングしなくなり、まともな議論が成り立つようになっていく。


僕は、自分の書いたことが他者にどう受け取られるかとか、どういう評価をされるか経験してみるのって、(その内容の程度に関わらず)けっこう大事なことだと思ってるんだよね。そして、それが可能な場所をつくりたかった。

現実では不可能な「論戦」ができる場所、「言いっ放し」で終わらないような場所を、つくろうと思って、今までやってきた。

その成果が、一週間後にリリース予定の「Webgeki(ウェブゲキ)」だ!


まあ完成してから言えよって話だと思うんだけど、とりあえず告知ということで。

まだやらなきゃいけないことがたくさんあるので、一週間後のβリリースに向けて頑張るぜ!