読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

ライフハックになるおすすめの漫画を紹介する

 漫画でライフハックしましょう。ただ面白いだけではなく、色々と学ぶことの多い名作を紹介していきます!よろしければ見ていってください。


GANTZ【理不尽に耐えたいときにおすすめの漫画】

 耐えること…。それは生きていく上で、ときに最も重要な能力になります。そこでおすすめするのが奥浩哉先生の「GANTZ」という作品です。累計発行部数2000万分以上の大人気コミック。謎の黒い玉が出てきたり、3Dグラフィックを駆使したエロ描写がすごかったり、宇宙人と戦ったりします。

GANTZ コミック 全37巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

GANTZ コミック 全37巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

 登場人物は理不尽な世界に突然投げ出されます。意味不明だからこそ恐怖とか絶望とか倦怠とかカタルシスの描写がものすごく冴えるのです。

 また、理不尽さは漫画内の登場人物だけではなく、読者にも襲いかかってきます。ストーリーに関しては細かいことを追求してはいけません。伏線とか理屈とかを深く考えずに純粋に楽しみましょう。何かよくわからなくてもとりあえず感謝しましょう。それが理不尽に耐えるということなのです。「ありがとおおおおおおお


闇金ウシジマくん【つまらない日常に感謝するための漫画】

 今の時代が「闇金ウシジマくん」という漫画を求めているのかもしれません。超暴利の闇金融業者ウシジマくんを主人公に、彼に関わる人達と彼らが抱える社会の闇を過激すぎる表現で描いていきます。「イージー・ライダー」の主人公達が格好良くないバージョンですね。グロ・暴力描写が目立ちますが、いかにも日本的というか百姓根性な作品です。

闇金ウシジマくん コミック 1-33巻セット (ビッグ コミックス)

闇金ウシジマくん コミック 1-33巻セット (ビッグ コミックス)

 ヤバい奴らを描きながらも、基本的には「人間真面目にコツコツやるのが一番だよ」という話になっています。漫画の中でやどうしようもない屑や反社会的なDQNを懲らしめることで、現実にいる私達はホッとする。何事もない平和な日常に圧倒的感謝を捧げたくなる。毎日卵かけご飯が食べれる!好きな本を読める!ニコニコ動画でアニメやゲーム実況が見れる!なんて幸せなんだろう!(泣)

 学校や仕事をサボった日にはマンガ喫茶で「闇金ウシジマくん」を読みましょう。きっと明日からは真面目に頑張ろうと思えますよ。


めぞん一刻【処女厨を脱却するための漫画】

 高橋留美子は天才です!「うる星やつら」「らんま1/2」「犬夜叉」そして今年2015年の春からTVアニメが始まった「境界のRINNE」と、日本のカルチャーに一里塚を築き、今だに業界で高いプレゼンスを維持し続ける、漫画の女神様です。そして、彼女の作品の中でも僕が一番好きなのが「めぞん一刻」なのです。

めぞん一刻 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)

めぞん一刻 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)

 巷にあふれる妄想を濃縮したようなライトノベルのほとんどに、高橋留美子作品のエッセンスが入っていると言っていいでしょう。高橋留美子は原点なのです。ハーレムもののフォーマットはあらゆる分野の作品に受け継がれましたが、男性読者に対して未亡人との恋愛がテーマの「めぞん一刻」を魅力的に描くには、やはり高橋留美子本人の筆力を持ってしないと難しいのかもしれません。音無響子さんかわいすぎる!素晴らしい作品です。未読の方はぜひ読んでみてください。今だからこそおすすめしたい少年向けの恋愛漫画です。


BLEACHブリーチ【オサレセンスを磨くための漫画】

 最近はプレゼンなど様々な機会で、内容とは別に人に感銘を与える”オサレ”というものが重要になってきています。文章だったら辞書や類語辞典や詩集をめくったり、デザイナーなら他の作品やデザインブックを参考にするでしょう。しかし、BLEACHをめくってみる、というのもオサレ修行の一環としてなかなか有効なものではないかと思われます。

 BLEACHは死神とかが戦ったり驚いたりドヤ顔したりするアニメなのですが、どうやら戦闘には、OSR値(オサレ値)という目に見えない力が働いているようなのです。純粋に読んでもそれなりに面白い漫画なのですが、”オサレ”を感じながら見ると得るものが大きいと思います。セリフや表現、人名や技名、巻頭ポエムなど、すべてがオサレなのですが、タイトルだけに注目しても師匠のセンスは際立っています。試しに僕の好きなタイトルをいくつか挙げてみます。

66.THE BLADE AND ME

 力強く、センスの溢れるフレーズです。BLEACHの世界では、ブレード(斬魄刀)は自分自身でもあります。策を弄さず直接的に表現してなおこれほどの”オサレ”。さすが師匠です。

237.good bye halcyon days

 ハルシオンは伝説の鳥、「halcyon days」で平和な日々という意味です。名シーンに象徴的なタイトルですね。

306.Not Perfect is GOoD

 涅マユリという人が力説する回のタイトルです。二つ並んだO(オー)に大文字と小文字のゆらぎを作ることで、godとgoodの両方の意味を持たせ、さらに涅マユリっぽい歪みを表現しています。タイトルとポエムを見るだけでもBLEACHを買う価値があります。

 あ、ちなみに、このライフハックになるおすすめの漫画エントリー、全部でいくつ紹介してると思います?「13作品や


聖闘士星矢【壮大な志を抱くための漫画】

 壮大すぎるファンタジー漫画。何度読んでも飽きない!ジャンプコミックス全28巻で完結だけど、だらだらと50巻以上続いている漫画に比べて圧倒的な密度があります。しかもセリフや説明文が少なく、テンポがいいのであっという間に読み終わっちゃう不思議。文庫版と完全版も発売されていて、全巻セットの中古がすごく安いのでおすすめです。熱い男たちの壮大な物語に感動必至。

聖闘士星矢 文庫 全15巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)

聖闘士星矢 文庫 全15巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)

 80年代の作品ですが、同人誌やOVAなどが今も話題になります。今期も新しくアニメが始まりますね。大人気ソーシャルゲームの「パズル&ドラゴンズ」ともコラボしていました。

 当時は一斉を風靡した、今で言う「ワンピース」や「ハンターハンター」みたいな作品なので、教養としても読む価値があります。ただ、「星座カースト」というものを作った罪深い作品でもあり、蟹座と魚座生まれの人にはあまりおすすめできないかもしれません。あと、牡牛座の聖闘士アルデバランは弱くないですよ?

f:id:skky17:20150417211810j:plain


のだめカンタービレ【勉強したいときに読む漫画】

 少女漫画なのですが個人的にものすごく好きな作品です。音楽漫画でもあり恋愛漫画でもあります。しかし、なぜこれが「勉強をしたいときに読む漫画」なのでしょうか。説明するのは難しいのですが、読んでみればなんとなくわかると思います。

のだめカンタービレ全25巻 完結セット (講談社コミックスキス)

のだめカンタービレ全25巻 完結セット (講談社コミックスキス)

 クラシック音楽に関しては、オーソリティーとレギュレーションが完全にヨーロッパにあるので、本格的に学びたい学生は留学必須なのです。海外に赴き、本場の波に飲まれながら頑張るというのが、一昔前の日本の知識人みたいな感じがしてなんかいいんですよね。千秋が一生懸命楽譜読み解こうとするシーンとか、すごくカッコイイです。「ドラゴン桜」みたいなイケイケ自己啓発モチベーションアップ系もありなのかもしれないけど、大学生からの勉強って「のだめカンタービレ」みたいな感じだと思うんです。

宇宙兄弟 コミック 1-24巻セット (モ-ニングKC)

宇宙兄弟 コミック 1-24巻セット (モ-ニングKC)

 自己啓発系とか理系分野に関しては、「宇宙兄弟」がすごくおすすめです。この漫画も読んでると勉強したくなりますね。まあ、勉強したいなら勉強したほうがいいし、勉強のモチベーション上げるために漫画読むというのはそれ自体が罠かもしれませんw


ONE PIECEワンピース【寛容になりたいときに読む漫画】

 寛容になること…それが現在(いま)の武器。

 ワンピース嫌いな人っていますよね。まあ広く読まれるほど一定の割合でアンチは沸きますからね。ただ、ワンピースは基本的にDQNやヤンキー向けの漫画なので、独特の無関心さが反感を買うというのは理解できます。しかし、そういう人こそワンピースを読んで欲しいです。ルフィー達を見習って寛容な心を育てましょう。

ONE PIECE コミックセット (ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイスセット]

ONE PIECE コミックセット (ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイスセット]

うるせェ!!!いこう!!!!」「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」「宴だアアアアアアアアアアあああ!!!!!」「ドン!!!!!」(号泣)

 みたいなこと、一度はやってみたいですよね。


アイシールド21【努力したいときのための漫画】

 最近は日本でも努力とか精神論みたいな話は見直されてきているし、見直されるべきです。しかし、だからと言って、努力」が必要ないということにはならないでしょう。他人に強制したがるような努力は努力とは言わないと主張するべきなんです。

 その点、努力描写において最も優れていると個人的に思う作品が「アイシールド21」なのです。

アイシールド21 コミック 全37巻完結セット (ジャンプコミックス)

アイシールド21 コミック 全37巻完結セット (ジャンプコミックス)

 スポ根はスポ根なのですが、「コンプレックスと努力」というテーマで、現代的な努力の方向を描いた作品だと思います。凡人が天才に打ちひしがれるシーンがよく出てきますね。才能や血統主義になりがちなジャンプ作品の傾向に、ある部分では対抗しようとしているようにも見えます。アメリカンフットボールという、個々人に求められる資質が大きく違うスポーツだからこそ可能になったのかもしれません。雪光が活躍するシーンとか胸が熱くなりすぎてやばかった。ヒル魔が腕立てしてる描写とかも好きです。

 今だにアメフトのルールとかはよくわからないんだけど、おすすめのスポーツ漫画です!


孤高の人【ダイエットしたいときにおすすめの漫画】

 ひたすらストイックなロッククライマーの漫画。読めばダイエットのモチベーションが上がること間違いなし!というか、身体を鍛えたくなります。冷蔵車の中に入ってチョコレートひとかけらで一日を過ごそうとするところなんかはストイックすぎて痺れます。

 最近はボルダリングなんかが流行っているみたいだけど、ガチのクライマーはギリギリまで体重を落とそうとするボクサーみたいな感じなのでしょうか。「あしたのジョー」なんかは減量をテーマにした漫画ですね。まあダイエットと減量は全く違うものですが。

孤高の人 コミック 1-17巻セット (ヤングジャンプコミックス)

孤高の人 コミック 1-17巻セット (ヤングジャンプコミックス)

 「孤高の人」は、ぼっちのバイブルでもあります。主人公の森文太郎は極度のコミュ症、つまり「おまえら」なのです。作者の坂本眞一先生の表現力が素晴らしく、文太郎の孤独に心を撃たれます。僕はAmazonの「Kindle」に入れていつでも見返すことができるようにしています。


バンビーノ【仕事のモチベーションを上げたいときに読む漫画】

 料理漫画なんだけど、料理というよりは「働く」ということに焦点を当てた作品だと思います。料理人というよりは職業人としてどう生きるか、というテーマを投げかけています。ひたむきな主人公と暴力的な登場人物。もちろん料理も美味しそう。パスタ作りたくなりますね。

バンビ~ノ! 全15巻 完結セット(ビッグコミックス)

バンビ~ノ! 全15巻 完結セット(ビッグコミックス)

 外食産業がブラックになるのはある程度避けられないのかもしれません。こんな気合の入った料理人達やブラック企業と競争していかなければならないのだから。色んな食材を使って味のバトルを繰り広げる感じの料理漫画ではなく、料理を作りながらどうやって生きて行くかを描いた傑作です。


最強伝説黒沢【プライドを取り戻したいときに読む漫画】

 これこそが福本伸行作品…!!つまり…矜持だろう…!

 「最強伝説黒沢」を読んで、見下したり、笑ったりすることはできなくなりました。昔は純粋に楽しく読みながら心のどこかで安心していたのに、だんだん怖くなる。何も出来ずに歳を重ねていく男というのはそういうものなのでしょう。僕たちはすでに「黒沢」の世界に足を踏み入れています。

最強伝説黒沢全11巻 完結セット (ビッグコミックス)

最強伝説黒沢全11巻 完結セット (ビッグコミックス)

 しかし、この漫画は大切なことを教えてくれます。プライド…矜持を取り戻しましょう!

心…!感情がある…!

それは…たぶん…少しでいいから…一歩でいいから…

ましな人間になろう…という気持ちだろう…!

オレが…オレのヒーローであろう…という気持ちだろう…!

つまり…矜持だろう…!

もし…もしそれを…本当に全て…失ってしまったら…

それこそが…本当の意味での…敗者だろう……!


喧嘩商売/喧嘩家業【どうしても勝たなければいけないときのために】

 「喧嘩商売」が一作目で、「喧嘩家業」が第二部ということになります。現在も連載中で、作者の木多康昭は冨樫義博並によく休載します。でも抜群に面白いです。現在連載中の作品の中で(ハンター×ハンターを除けば)最高傑作と言っていいと思います。

喧嘩商売全24巻完結 セット (ヤングマガジンコミックス)

喧嘩商売全24巻完結 セット (ヤングマガジンコミックス)

喧嘩商売 最強十六闘士セレクション(1)

喧嘩商売 最強十六闘士セレクション(1)

喧嘩稼業(1) (ヤンマガKCスペシャル)

喧嘩稼業(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 この漫画は”喧嘩”をテーマにしているのですが、核戦争や大規模なテロリズムが懸念される21世紀に素手での殴り合いなんてどうでもいいことです。しかし、あらゆる手法と演出を駆使しながら、単なる素手同士の喧嘩を切実なものに仕立てあげたのが本作です。また、それは世間一般の「喧嘩」というイメージのような、幼稚な漢のプライドを扱ったようなものでもありません。主人公の佐藤十兵衛はとにかく卑怯な、最低のやつです。

 象徴的なシーンがあります。目突き金的ありの、命懸けのトーナメントに対して

「命を懸けて戦います」

 と言った関修一郎(原作に出てくる日本最強の柔道家)に対し

「関は本当の命懸けを知らない……俺に言わせれば、関の命がけはすごく一生懸命に頑張るぐらいの事だ」

 と入江文学(実質的な主人公と言われています)が感想を漏らします。

 この作品は、「命懸けで戦うとはどういうことか?」をテーマにしています。。絶対に勝つためには何をやらなければいけないのか、人間同士が命を懸けて戦うとはどういうことなのか、そのようなテーマがあるからこそ、「喧嘩商売/喧嘩家業」は傑作たり得ているのです。

 絶対に勝ちたい相手、負けられない状況にいる方は、是非読んでみては如何でしょうか。


HUNTERXHUNTER【バイブルとして読め!】

 説明不要。現代漫画の最高傑作です。バイブルとして読みましょう。

HUNTER×HUNTER (1-32巻セット 以降続巻)

HUNTER×HUNTER (1-32巻セット 以降続巻)

 この作品がテーマにしている「ハンター」とは何か。最高のハンターであるジン=フリークスは、作者の冨樫義博が自身が理想と考える人物なのかもしれません。その感染力は尋常じゃありません。みんなが作中のハンターのように自由で、強く、揺るがない意識を持って生きたいのです。



 どうでしたか?漫画でライフハック。漫画から学べることはたくさんあると思います。まあ、勉強とか仕事を頑張りたいときに漫画に走るのは逃げとしか言いようがないので、休日にでもゆっくり読んでみてください。



関連項目