しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

徹底的なプロフェッショナル主義のハリウッド

 ハリウッドってなんだかんだ言ってすごいよね。ハリウッドというのは土地の名前だけど、そこでつくられる大規模な映画産業の代名詞になっている。

 ハリウッドの映画の作り方は、プロジェクト方式やハリウッド方式などと言われたりするけど、会社が映画をつくるわけではなく、企画ごとに人を集める


 日本のアニメのように「ジブリ」とか「シャフト」とか、制作会社ありきの産業ではない。メジャー系の企業は、資金調達と流通の流れをおさえている。つまり、制作過程ではなく流通過程を企業が支配しているというのが、ハリウッドの仕組みだ。そのため、人材の流動性が高く、企画ごとに超一流の才能を集めることができる。



 「日米のコンテンツ産業の違い」で言ったことだけど、製作コストの高い作品をつくるなら、その費用を回収するために海外の市場を獲得しなければならない。だから映画の内容は、美女や爆発や銃撃戦やカーレースなど、無国籍的で文化的な共通項をとったものになりやすい。

 製作コストが高いから、絶対に失敗できない。リスクを少しでも減らすため、ブロックバスターと言って、(しばらくは)劇場でしか見られない映画に短期間でたくさん宣伝を打ち、評判が確立する前に観客を呼びこむ仕組みをとっている。また、ハリウッドは多くのスーパースターを生み出すが、必ずしも彼らの演技力があらゆる役に対して他のどんな俳優より優っているというわけではなく、売上を確実にするための仕組みだ。そのスターが出演する映画なら確実に見るというファンが多いほど、内容にかかわらず劇場に足を運んでもらえるから来場数が安定する。


f:id:skky17:20131030095151j:plain

(画像は「ウルフ・オブ・ウォールストリート」より、レオナルド・ディカプリオ)


 アニメ映画をつくるジブリが声優を起用せずに有名俳優を選ぶのも、宮﨑駿の声優嫌いというよりは安く宣伝できるからだとか。今は人気声優つかったほうが動員数伸びそうだけどね。




 ハリウッドは、他にも、宣伝の仕組みやマーケティングの手法などで、できるだけ安定して売れる下地を整えてきた。つまり、ハリウッドの役割は、確実に成功する舞台をつくり、莫大な金と才能が集まる場所をつくること。ハリウッドでは映画産業が頂点にあり、原作(ストーリー)、監督、俳優、技術などは流動性の高い外注する要素にすぎない。

 「消費者が買い支えることで成り立ってきた日本のコンテンツ産業」で述べたような、それぞれの作り手が同じ高さに並んでいて、個人や会社で作品をつくる日本とは全然違う。


 「ハリウッド映画」というある程度の成功が保証された場所があり、一流の才能達がそこに入るために競い合う。作品に関わることができるのはほんの一握りのエリートだ。

 学校主義で、限られた枠に入るためのレギュレーションがしっかりしている。クリエイティブ産業、エンターテイメント産業でも、そのノウハウを学ぶための学校とそれに付随する権威が機能しているのだ。

 「学校」と「創作」が極端に離れている日本人の感覚では「デジタルハリウッド大学」を馬鹿にしちゃうけど、あっちではそういう学校がちゃんと意味を持っている。製作の場所やチャンスが限られているからこそ、学校でやる必要があるくらい最低限踏まえるべきことがたくさんある。

 アメリカは芸術やデザインにしても、レギュレーションをしっかり作ってプロフェッショナルとして打ち出すことが得意だ。製作に高い技術が必要になったデジタルゲームにしても、米国では学校がうまく機能している。



 ハリウッドはもともとドメスティックな映画産業だったのだが、テレビの台頭により一時は衰退し、後にテレビでは不可能な大規模な映像産業として華々しく蘇った。作るものが大きいぶん、リスクを抱えなければならず、会社は、映画の製作ではなく、資金調達と流通の仕組みを請け負うようになっていった。


 映像産業は単なる娯楽ではなく、人に強い影響を与え、その国の文化や風土を脅かしてしまうほどの力を持つ。ヨーロッパなどは、ハリウッドが圧倒的な国際競争力を持つようになると、文化侵略だとハリウッド映画が入ってくるのを嫌った。日本の場合は国内のものとはまったく別の「洋画」として認識していたから、あまり抵抗はなかったと言われている。漫画やアニメがあったことも大きいかもしれない。


 映像産業は自国の文化と深く結びついているという考え方で、多くの国は自国の映像産業に助成金を出している。日本もやっている。

 ただ、ハリウッドは助成金がどうのこうのではなく、自国の映像文化が国際的に認められるとかいう話でもなく、純粋に大勢に売って利益を上げることを目的としている。監督や俳優やスタッフも、自国のみならず世界中から集める。各国の保護された映画産業がハリウッドに勝てる道理もないだろう。インドのボリウッドが盛り上がってきているとも言うが、アメリカはかなり特殊な国だ。

 異なる文化的背景を持つ多民族国家だったからこそ、大多数の共通項を探るという無国籍的な大衆文化が成り立った。グローバル展開も、そうしなければならない事情があった。そういうシビアな土壌からできたものだから、安易にハリウッドを目指したり、その仕組みを真似するするべきではないと思う。


f:id:skky17:20150110234443j:plain


 これだけあらゆるコンテンツが溢れる現在において、今だにハリウッドがその地位や権威を維持していることに対して、それなりには敬意を払うべきだろう。実際にハリウッド映画はすごい。

 大多数の人が納得する作品をつくらなければならないというのは、それはそれで非常に困難な道だ。絶対に失敗できないという大きな制約を抱え、保守的にならざるをえない中にも、様々な革新性やチャレンジがある。


 文化的な軋轢とか、いろいろ問題はあるにしても、ハリウッドという一流の才能を集める枠組みはなくなって欲しくない。それに反発するにしても、その中に入れるよう努力するにしても、それに代わる新しい仕組みを考えるにしても、ハリウッドは多くのクリエイターの指針になる世界一の規模のコンテンツ産業だ。



創造的破壊――グローバル文化経済学とコンテンツ産業

創造的破壊――グローバル文化経済学とコンテンツ産業




前:消費者が買い支えることで成り立ってきた日本のコンテンツ産業


次:クールジャパン政策の是非


ゲームとかコンテンツの話シリーズ