読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

ネットに悪意が渦巻く今の状況って、悪人からすればありがたいよね

ブログ論 世の中

 ネットで誰もが発言できるようになった。僕もブログをやってて少し人気が出てきたからわけるけど、記事が多くの人に見られると100%批判や非難があるんだよね。もちろん色んな意見があるべきだけど、目立てば「目立ってるから」という理由で叩く人もいるし、記事を読まずにタイトルだけで批判する人もいるし、無造作に悪意をふりまいているようなのもいる。そういう感覚は、ネットをある程度やってる人からすればなんとなくわかると思う。

 このエントリーでは、何かに批判する人を批判したいわけじゃない。何にでも批判できる自由は、心ない言葉を好んで投げつける輩がいるという事実を差し引いても、大切にするべき権利だろう。僕だってブログ内でけっこう批判的なことを言ったりする。



 ネットで勢いよく叩かれることを「炎上」とか「燃えた」とか言うけど、昔の炎上はアクセスが集まりすぎてブログのサーバーが落ちるというDoS攻撃みたいな感じだったらしい。今は「炎上マーケティング」なんていうのが一般的になったくらい、炎上というのもインフレしてる。炎上マーケティングとは、わざと物議を醸すようなことをしてみんなの注目を集めることだ。そこで、商品の宣伝をしたり、認知度を高めたりする。

 なんでこんなことができるかと言えば、炎上したって実はそんなに痛くないからだ。ネット上には議論や批判やヘイトが渦巻いている。たまたまそういうものを一箇所に濃く集めたからと言って、そんなに特別なことでもない。ブログにどれだけ言及されたって外から見えるわけじゃないし、Twitterで攻撃的なリプライが送られてきたって反応しなければいいだけの話だ。

 例えば、「イケダハヤト」とかは炎上ブロガーの筆頭だろう。極端なことや、一部の人の感情を逆なでするようなことをわざと言って、批判が集まる形で注目されて有名になった。そんなふうに簡単に利用できるくらい、ネット上の批判の力というのは実は弱い(直接的な影響を及ぼさないという意味では)。どれだけ批判が集まったって「あーまた叩かれてますねwwwでも銀座や後楽園球場はいつも通りですねwww」で終わりだからだ。

 やまもといちろうだって最近だとセクハラ解説で炎上したが、その後も何事も無くブログを運営している。そんなものなのだ。もちろん、批判をまともに受け止めてしまう人は潰れてしまうかもしれない。


f:id:skky17:20140909221422j:plain



 僕はブログをやっていて何か批判的なことが書かれたとき、最初は一つ一つ反論したくなったんだけど、そんなことしてたらきりがないし、むしろネット民は反論すると面白がって群がってきたりする。そういうものなので、基本的には無視するというのが安定行動なんだけど、その「アンチは絶対に一定数いるから無視するしかない」という前提は、本当に批判されると都合が悪い人にとってはありがたいよね。


 程度の差はあれ、ネットでみんなが意見を言えるようになった以上、どんな人にも肯定的な意見や否定的な意見が来る。その中には「議論」を成り立たせる知能もなく、「死ね」とかいう言葉を平気で使ったりする人も少なくない。誰でも叩かれうるという事実は、ネット上のあらゆる言葉を「所詮はネット上の言葉」にしてしまうし、それは叩かれて痛いところを持っているような人達には有利に働く



 ネットで批判してくる奴らなんて全部無限沸きのザコ敵だから全部無視でいい、というのは、ある程度的を得てもいるし、何も反応しないと決めてしまえば対処は簡単だろう。だがそれは、人間として間違っていると言わないまでも不自然だ。自分の言ったことに対して他者からの反応があれば気になるのが人間だし、それは大切なことだ。

 心ない言葉がネット上には飛び交っている。そのときに、誰かに何かを言われたらそれを受け止めなければならないと真摯に思っている人が、その悪意に直撃してしまう。一方で、自分の正しさを疑わなかったり、他者を根本から馬鹿にしている人達が得をすることになる。彼らが本当に非難されるべきことをして、実際にそれに対する非難がネット上に満ちていたとしても、「ネットでは誰もが批判される」という前提が彼らの言い訳になる



 何度もテレビに出演するくらいの有名人なら誰でも、自分の名前で検索すればネガティブな書き込みが見つかる。そういう事実が「どんな人でも目立てば叩かれる」という前提を作り、それは本当に叩かれるべきことをしている人にとってはありがたいだろう。自分が非難されるのは自分のせいではなく、ネットという場所がどんな人間にも非難を浴びせる輩の吹き溜まりだから、ということになるからだ。さらに、そういう悪意のある書き込みに対して躍起になって反撃しようとすると逆におもちゃにされてしまうから、みんな黙ってるしかない。第一、何のリスクも追ってない匿名の人間の批判を相手にしたって仕方がない。一方的な批判があり、その批判にたいして真っ当に反論するのが徒労になるという状況が出来上がったとき、最も得をするのはただ黙ってさえいればいい本当に批判されるべき人間達だ




 甲子園で放映さえて注目を集めたまみタス(おにぎりの女の子)に対して、「日本の恥」だと言ってしまう人が普通にいるのがインターネットなのだ。もちろん、彼女を賞賛する声も、擁護する声も、マネージャー個人じゃなくてマネージャーを賞賛する人を批判しているのだとか、マネージャー云々とはまったく別の問題として考えなければとか、まあ当たり前だけど色んなことを言う人がいる。でも、その中には一定数確実に心ないことを言う輩がいる。あと、酷いのは下ネタだよね。ネットとはそういうもので、最近の高校生がネット知らないわけないだろうし、自分に対する言及を完全に無視することなんてできないだろう。

 一方で、渡邉美樹は参議院議員の選挙に当選した。従業員が過労死して、最高裁判所で違憲判決が出ても、彼は自分の信念を曲げる気はない。多分今ネットで最も非難を浴びている人の一人なんじゃないだろうか。Twitterとか普通にやってるけど、つぶやきの一つでもめくれば非難や煽りのリプライがずらりと並んでいる。しかし、彼は選挙に当選した。犯罪者並に叩かれている渡邉美樹が政治家になれたという事実を、ネット民は重く受け止める必要があると思う。「死ね」みたいな言葉をたくさん浴びせられているという事実が、安全圏から悪辣な言葉を投げつける輩に負けずに自分の信念を貫きました、という優位を彼に与えてしまう。もちろん、実名で批判する人はたくさんいるけど、それも「ネットでの批判」という大きな枠組みで捉えられてしまうのが現状だと思う。


 AKBなんかは、ネットに悪意が渦巻いているという事実をうまくコンテンツに取り入れているよね。「ブスばっかり」とか「手を触ってるんだから風俗みたいなもんだろ」とか、そういうヘイトが溢れているからこそ、ネガティブなものの矢面に立って戦い続ける少女たち、という物語が付与され、ファンはそこに感動するという。秋元康は現代の潮流を手玉に取って成功してるわけだから笑いが止まらないだろうな…。



 まあ、僕が言いたいのは、ネット上のネガティブなものが何かを良い方向に変えるとはあまり思わないほうがいいし、ひょっとしたら「批判」や「議論」だってそのネガティブなものという枠組みの中に取り込まれがちなんじゃないか、ということだ。世の中にはためになる議論だってたくさんあるだろう。でも、それは他の数多ある偏狭な批判や揚げ足取りみたいなものと同じカテゴリーに分類されてしまって、膨大な情報の山に埋もれてしまうのではないか。マスメディアの時代にはまだそれなりに良いコンテンツだった「議論」も、ネットメディアでは使い出のある道具ではなくなりつつあるかもしれない。


 誰もが情報を発信できるようになった故に、「批判」の価値がインフレしている。批判は無関心な人間に届くことはなく、繊細な人間を無造作に傷つけてしまうものになる。それはそれでネットの特徴だから仕方ないことなんだけど、僕はもっと、ネガティブなものよりもポジティブなものをうまく発信できないかな、とも思う。



 一部の2ちゃんねるの住民なんかは、Twitterで犯罪自慢をしてしまう頭の弱いやつらに懲罰を下して「おまえらの恐ろしさは警察以上だな」とか「ネットの恐ろしさを教えてやるぜ」とか盛り上がって各々のみじめな心を埋めてるみたいだけど、そういう人達にできるのってせいぜい集団で一人を攻撃して沈めるくらいだろう。フジテレビや花王やサントリーみたいな大企業には結局あまりダメージを与えられなかった。人はネガティブなものにずっと関心を向けていることはできないみたいなことを内田樹だったかが言ってた気がするけど、まさに烏合の衆なんだよね。


 ネット上での喧嘩とか、誰かに罰を与えるみたいなトピックに注目は集まりがちだけど、ネガティブなものが何か生産的な目的を達成するとは思わないほうがいい。渡邉美樹は政治家になったし、花王やサントリーはピンピンしてるし、イケダハヤトは高知でトマト食べてるし、たなしゅんは元気に女の子と遊んでる(多分)。



 人はネガティブで攻撃的なものに集まりがち、というのは一つの事実なのだろう。それでも、何かを良い方向に動かしたいと思うなら、基本的にはポジティブなものに注目するしかない。これから現実のあらゆるものがネットともっと密接になれば、もっとポジティブなものが主流になっていくかもしれない

 具体的には、ワタミは糞だから絶対に行くなと呼びかける運動なんて多分続かないから、従業員にホワイトな待遇を約束している居酒屋なんかの情報を可視化して、みんなでそれを褒めて、そういうところで食事するようにしよう。みたいなやり方でやっていくしかないんじゃないかな。

 もちろん、ポジティブなものが持続的だとは限らない。それでも、どちらかと言えばまだ可能性があると思う。渡邉美樹は人間のクズ!といくら批判しても、ネットで過激な悪口を言う奴は人間のクズ!という前提に回収されてしまうし、その前提は真っ当な批判にも暗い影を落としている。だから、これからは「褒める」とか「推す」とか「薦める」みたいなポジティブなものが影響力を持つようになっていくのかもしれない。そうなるといいね。



他の記事もどうぞ