しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

「いいひと」が得をする社会になってきたのか?

 「いいひと」って損をするイメージが強い。人がいいと騙されやすいとか、つけこまれやすいとか、限られた資源や勝者の座を譲ってしまったりするやつは資本主義経済で生き残れないとか。あと、いい人はに女の子をものにできないっていうのもあるよね。ワイルドだろ?って感じで、グイグイ引っ張っていくようなDQNのほうが女子にモテるみたいな話。まあ、今どきちょっと気骨のある女の子にそんな考えを話したら軽蔑の目で見られるだろう。


f:id:skky17:20140907234934j:plain


 たしか、どういう戦略が最終的に得をするのというゲーム理論の実験で、最初は協力、相手が協力してくれたら次も協力、相手が裏切ったら次は裏切り、というシンプルな戦略がもっとも得をするという結果が出たんだっけ。でも、これからはずっと「協力」の手を出し続けるような「いいひと」が勝つ、そういう時代になってきたんだと岡田斗司夫が言ってる。


超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 増補改訂版

超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 増補改訂版


 「いいひと戦略」というのは、「いいひと」であろうとすることではなく、他者から「いいひと」と思われるように戦略的にふるまうことだ。ひたすら「いいひと」を演じ続ける。「そりゃいいひとは大切に扱われるし得するだろ。それだけの話しかよ」と思われるかもしれないが、昔は「いいひと戦略」をしても得するとは限らなかった。だが、一人一人が情報を発信できるネット社会になって、「いいひと戦略」がかつてないほど効果を発揮するようになってきた



 人類の歴史に「人格評価」は昔からあった。当たり前のことだ。それが時々「家柄評価」や「実力評価」に傾くことがあった。もちろんそれらは並列したり組み合わさったりするが、時代や地域ごとに有効な評価基準は変わってくる。そして、これからのネット社会は「人格評価」が最も使われやすい評価基準になる


 メディアが発達していない時代には、ある土地で得た評価が他の土地に行っても通用するわけじゃなかった。ある場所で聖人と崇められていたって、そこを移動した先だとただの見知らぬ人だ。でもネット社会ではそうじゃない。特定の場所でなされた評価が身分証明のようにずっとついてくるし、逃げ場もないから下手なことはできない。

 マスメディアの時代には、「いやな人」とか「尖ってる人」というのはわりと合理的な戦略だった。情報を発信できる機会を奪い合うことになるので、平凡ないい人よりも、少しいけ好かない印象をもたれてもいいからとにかく目立ったほうがいいという考え方もできる。

 だが、ネット社会ではたくさんの人の目に触れることが貴重ではなくなる。みんなが手軽に情報を発信できるようになると、それぞれが場所を超えて評価を交わし合うことになり、一人一人が否応なくその評価基準に巻き込まれることになる。


 かつて世界が一つになる前、「いいひと戦略」は数ある戦略のうちの一つに過ぎませんでした。ごく一部の小さなコミュニティとしか関わることができず、自分と他者との関係性が固定化されていたから、たとえ「いいひと」と思われても、それは「人格」というパラメーターの一つに過ぎませんでした。だから「いいひと戦略」を取るよりも、「イヤな人戦略」で自己利益を最大化したり、「投資戦略」でマネタイズしたり、「受験戦略」で有名な大学に入ったほうが、人や企業からモテたのです。


 しかし、ハイパー情報化社会がこのパワーバランスを変えてしまいました。有能な人材は必要な時だけ外注すれば済むようになり、「いいひと戦略」を取っている人間が採用されやすくなりました。お金やスキルよりも人格がモテの対象になったのです。


 今は人徳よりも才能や能力が必要とされているかもしないが、次第に単純な仕事は減っていくし、能力はインフレするので簡単に外注できるようになってきた。専門技能もアウトソーシングしやすくなってきたので、中核社員はコミュ力で選ぶというのもそれなりに理にかなっている。

 かつてあった日本の研究室推薦とか縁故採用は、今発覚したら非難されるだろうけど、推薦で入った人は紹介してくれた人の評価を下げたくないからちゃんと働くので、信用が確保されていて楽だった。

 昔は、そのような信用の機能を担っているのは「縁」だった。また、今は学歴や所属や給料が信用の役割を果たしている。でもこれからは、「いいひとかどうか」という各人の評価が段々ウェブ上で可視化されていくから、信用できるかどうかの判断もそこに移っていく

 そういえば佐々木俊尚も、これからの時代は名刺のかわりにTwitterのアカウントを交換すればいいみたいな恐ろしいことを言ってたよね。



 バイトを選ぶのにさえ「いいひとかどうか」が重要になってくるかもしれない。良い評価を受けたバイト社員は採用されやすく、悪い評価を受けたバイト社員は採用されにくい。でもそれはバイトを募集する側にも同じことが当てはまる。良い評価のバイト先には良い評価のバイト社員が集まり、悪い評価のバイト先には悪い評価のバイト社員が集まる。悪い評判がついた人はなかなか悪い評判から抜け出せないみたいな、悪評の固定化が社会問題になったりするかもしれない。



 「いいひと」という評価が金よりも優位である理由は、金で買えないもの、買うと非常に高くつくものでも評価があれば簡単に手に入るからだ。どんどん世の中は複雑になっていくし、確定申告や法律のあれこれやパソコンの使い方や料理の仕方、ファッションや遊びや恋愛まで、「金」だけしか使えなければとても不利で損をする。

 例えば、使い古しのiPadを友達から貰う場合、アプリとか音楽とか入ってるし、使い方やノウハウまで教えてもらえるからすごく楽だ。そういう社会がやってくるときに、金だけしか使えず、すべてのものを新品で揃えなければいけないというのはかなりのハンデを伴う。


 そして、評価が高い人のもとには評価が高い人が集まってくる。評価のヒエラルキーができるし、評価の高い人のもとに色んな富や情報や美味しい話が舞い込んでくる。また、「いいひと」の元には彼らを目指す「いいひと」達が集まり、「いいひと」に囲まれて気分よく暮らせるようになる。もちろん、評価があれば金程度のものなら簡単に稼げる。



 この話の前提になっているのは、岡田斗司夫の評価経済社会という概念だ。僕は前のエントリーでその概要を書いた。よかったら読んでみてね。(『評価経済社会』というすごすぎる発想


 宗教の時代には神の教えに従うことを求められたように、現代では合理的に思考して家計の収支をやりくりすることが求められるように、これからは誰もが「いいひと」になることを求められる。互いが互いを格付けしあう過酷な競争社会が始まる。各々が死に物狂いで「いいひと」だと他者に思われるため努力しなければならない。



 今はまだTwitterで犯罪自慢とかけっこうあるけど、それはまだネット民が土人レベルだからで、これからシステムが整えられてくれば、みんなネットに流す情報に敏感になってくる。犯罪自慢なんてもってのほかで、ちょっとした悪口にも気を使うようになる。そして、今の人達がどうやって金を稼ごうか考えるように、どうすれば大勢から「いいひと」という評価を貰えるのかに苦心する。


 もちろん、宗教や経済は今までのように機能し続ける。昔はほとんどの人が宗教なしには生きられなかった。今はほとんどの人が金なしには生きられない。これからはほとんどの人が評価なしには生きられなくなる。そういう時代の流れがある。

 金だけに頼って生きることも当然できるんだけど、評価経済社会ではものすごく不利な生き方だ。評価経済社会において評価を使わないということは、今の僕たちがまったく金を使わないということに等しい。


 だから、これからは必死に自分を「いいひと」に見せようというわけ。まあSF小説チックな与太話と言えばそうかもしれないし、この先社会がどうなるかは誰もわからない。それでも、踏まえておいて損することはない視点だと思う。いいひとが増えるのはいいことだと思うしね。




岡田斗司夫講演「いいひと」戦略セミナーダイジェスト - YouTube



 参考にあげた岡田斗司夫の本では、「いいひと」と皆から思われるようになる方法を色々と解説してる。まだ「いいひと」として評価される土場が固まっているわけではないけど、スタートダッシュのためにTwitterやブログをやるもの戦略の一つ。


 ただまあ、この僕のブログでは「いいひと戦略」を実行できそうにないなwww



他の記事もどうぞ!!