読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

内田樹の思想

 内田樹(うちだたつる)って知ってる?ひょっとしたら、今最も「影響力」のある思想家かもしれない。神戸女学院大学の教授をしてて、現在は退職して「凱風館」という道場をかまえている。思想家であり、合気道を修める武道家でもある。


f:id:skky17:20140903235142j:plain

凱風館です。合気道を習えるみたい。



 内田樹の思想は好き嫌いが別れると思う。というより、受けつける人は受けつけるし、受けつけない人はまったく受けつけない種類のものだ。内田樹は25歳のときからずっと合気道に打ち込んでいて、身体感覚に根ざした発想で話を展開する。切り口や扱うトピックを変えながら、身体に染み込ませるように同じことを繰り返し言う。彼の本は、まるで道場に通って武道の練習をしているかのような読み心地なのだ。


 内田樹を批判する人も多いが、そういう人の気持ちはわかる。内田樹は「科学的」とされる論の進め方をしていない。科学にとって大事なのは「反証可能性」で、理系だったら同じ実験をして同じ結果がでるか、再現性を確認できるかが何より大事だし、文系だったら引用されてる文献やデータにあたって反論したり違う解釈をすることが可能だということが重要になる。でも内田樹の思想は、そういった「科学的」な手法で捉えにくい部分、身体性とか感覚とか常識を扱っている。誰でもアクセスできるデータではなく、自身の経験と身体性を担保にして語るやり方だから、まあ宗教に近いと言えばそうなのかもしれない。


 論に破綻や隙があるという以前に、真っ当に批判が成り立つ手順を書く側が踏んでいない。でも、学会に提出するわけでもないし、何かを主張するときに必ずしも「科学的」な手順に従わなければならないという決まりはない。レギュレーションを求めすぎると何も言えなくなったりするし、ただ自分の経験から思うことを言って、あとは受け手に任せるというやり方だってありだ。

 ただ、内田樹が批判を浴びるのは、彼の思想が扱っている射程があまりにも広いからだろう。経験や身体性の延長で、教育や政治や国際関係まで、かなり踏み込んで説得力のある形で(少なくとも、多くの賛同者を集めるほどには)上手く語れてしまうのだ。特定の人からすれば我慢ならないと思うし、内田樹だって場合によっては的外れなことを言ってしまうこともあると思う。(「時には間違ったことを言ってしまう」こと自体も、内田樹自身の思想の射程におさまってしまったりするのだが)

 別に、僕も政治的な部分では必ずしも内田樹の意見に賛同しない。



 ただ、内田樹の思想は、彼に影響を受けた人や影響を受けて行動する人が多くいるという意味で非常にパフォーマンスが高い。「それは学問的じゃない!」と叫んだり、揚げ足取りに躍起になったりする人は多いが、そういうことしてもあまり生産的ではない。


 内田樹がこれほどまでの人気を集める理由はわかるような気がする。彼の考え方は現代に疲れた僕たちの琴線に心地よく触れるのだ。「あまり無視しないようにしよう」とか「我慢するのは身体に悪い」とか「人には礼儀正しく」みたいな「当たり前」のことを言ってるだけなんだけど、そこがすごいところで、あらゆる話題を扱いながら、内田樹の語り口調で内田樹の解答を導き出している。常識的で「当たり前」のことを言っているのに、アクロバティックで切れ味がある。


 内田樹らしい文章を以下に引用する。

 内田百閒先生に教えて頂いたことですが、同じものを食べ続けていると「味が決まる」ということがあります。

 百閒先生は、ある時期、昼食にそばを食されることを習慣とされていた。同じ蕎麦屋から毎日同じもり蕎麦を取る。別にうまい品ではない。でも、毎日食べていると「味が決まってくる」。食物を待望する胃袋と嚥下される食物の質量が過不足なくジャストフィットすると、たかがもり蕎麦がいかなる天下の珍味も及ばぬ、極上の滋味と感じられる。たまたま出先で自分ときを迎えたりすると、もういつもの蕎麦が食べたくて我慢できない。先方が気を利かしたつもりで「鰻丼」など取ると、百閒先生はこれを固辞されたそうです。

 快楽はある種の反復性のうちに存ずる。これを洞見と言わずして、何と言いましょう。「同じものばかり求めるファンは怠慢だ」という人がいますけど、それは筋違いですよ。ファンほど快楽の追求に貪欲な存在はありませんから。それこそが「正しいファン」のあり方なんです。


 …やはり「だいたい同じで、ちょっとだけ違う」ということだと思います。トピックは違っても、切り口はいつもと同じ、というものを読者は求めていると思います。少なくとも、ぼくが本を読むときはそうですね。

 ぼくは村上春樹と橋本治と矢作俊彦と村上龍と高橋源一郎のものは新刊が出ると本屋に走って行って買いますけど、みんなほんとうに律儀に「いつもと同じ」ことを書いているんですよね。だから大好きです。

 (疲れすぎて眠れぬ夜のために)

 これは内田樹が誰かのファンになるということについて語った文章だが、当の内田樹自身が最もここで書いたようなファンの受け手になっていると思う。彼の思想は毎日同じものを食べるような思想なのだ。読んでいると、「ああ内田樹だなあ」と感じる。



 説明するのは難しいので、一度彼の書いたものを読んでみればいいと思う。(内田樹の研究室)ブログに書いたものを再編集して書籍をつくることが多く、主要な論は大方ウェブでも見られると思う。1999年からやってる超古参のブロガーなんだよね。尊敬します。



 僕は内田樹の本を単著として出版されたものなら9割方読んでるが、彼のファンが多いという事実は、喜ぶべきことだと思ってる。それだけ「気分の良い人」が多いということでもある。考えは今の時流にマッチしているし、重要な示唆を多く与えてくれる。

 ただ、それでも何か「違う」と感じる部分もなくはない。内田樹的な考え方が重要だと感じながらも、それと僕が感じているリアリティとが相容れない部分もあって、その二つが退っ引きならなくぶつかったとき、「内田樹の思想」はどれだけ使い出があるのか、というのは結構面白い問題だと思う。
 僕は90年代生まれだけど、内田樹の考え方のすべてが若い人のリアリティに即しているとは思えない。もちろん、いくら女子大で教鞭をとってたって、もう60過ぎなんだから当たり前だ。だから、わりと若い人の視点から、内田樹のパフォーマンスを点検して、その限界と使いやすい部分を示すという試みは、ひょっとしたら生産的なものになり得るかもしれない。

 内田樹の語り口はあまりにも明解なんだけど、あえて内田樹の「解説書」を作ってみるとか面白いかもね。


 そうだな。タイトルは「もしブラック企業の幹部社員が内田樹の『こんな日本でよかったね』を読んだら」みたいな感じでどうでしょうか。



こんな日本でよかったね―構造主義的日本論 (文春文庫)

こんな日本でよかったね―構造主義的日本論 (文春文庫)




ほかの記事もどうぞ