しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

おすすめのアニメベスト30をランキング形式で紹介する

 おすすめアニメをランキング形式で30位から1位まで順番に紹介していくよ。アニメ映画を含まないテレビアニメのみのランキングです。あくまで僕の独断と偏見と狭小な裁量に基づいて選んだものなので、そこんとこよろしくね!


第30位 氷菓

「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]

「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]

 高校の古典部を舞台にした文学系推理アニメ。さすが京アニ、作画が素晴らしい!省エネ主人公も最初はなんだかなと思ったけど段々変わっていくのがいい。えるたそ~(^ω^)


第29位 狼と香辛料

 中世ヨーロッパ風の世界観のラノベが原作。狼の化身である少女と旅をすることになる商人ロレンスが主人公。魅力的な雰囲気とストーリー展開が好き。

第28位 健全ロボ ダイミダラー

 クソ笑った。女性に性的な行為を行うことで「Hi-ERo粒子(ハイエロりゅうし)」が発生し、巨大ロボットを動かすことができるという設定の健全なアニメ。コメントが流れるニコニコ動画で見ると楽しい。


第27位 ノーゲーム・ノーライフ

 ラノベが原作、天才ゲーマーの兄妹を主人公にした俺TUEEEモノ。ゲーマーの妄想を詰め込んだようなアニメだが、しりとり回とかなかなか面白かった。2期もぜひやって欲しい。


第26位 Angel Beats!

f:id:skky17:20140828232959j:plain

 死後の世界でも意識のある少年少女達の話。楽しくも悲しい学園生活が魅力。金沢大学が校舎のモデルになってるんだね。天使ちゃんマジ天使。Key作品好きです。


第25位 Tiger & Bunny

TIGER & BUNNY SPECIAL EDITION SIDE BUNNY (初回限定版) [Blu-ray]

TIGER & BUNNY SPECIAL EDITION SIDE BUNNY (初回限定版) [Blu-ray]

 タイバニと言えば腐女子御用達アニメという印象が強いが、そういうの無しで普通に面白いと思う。企業に勤めてサポーターの商品を宣伝するヒーローという設定もいい。


第24位 涼宮ハルヒの憂鬱

f:id:skky17:20140828232936j:plain

 一世を風靡した萌えアニメ。今見るとキョンの語りとかキャラの動きが古臭くて恥ずかしくなってきてしまう。時間の流れとはそういうものなのだろうか。恐ろしい恐ろしい。中学時代は長門にずっと萌えていた。


第23位 Fate/Zero

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)

 エロゲーが原作、日本のテキストゲーを代表するFateシリーズの「Zero」を、虚淵玄脚本でアニメ化。鬱展開のオンパレードだが容赦無い感じがまたいい。召喚したサーヴァントにまったく頼らず戦争を勝ち抜こうとする衛宮切嗣が好き。原作から10年前の第四次聖杯戦争を描く。


第22位 刀語

f:id:skky17:20140828232920j:plain

 1話1時間枠で全12話あるアニメ。やっぱり西尾維新はすごい。刀を使わない剣士と、12本の「変体刀」を持った者達の戦いを描く。あと、おすすめアニメには関係ないけど、個人的に「全国を巡って十二本の刀を集めて来た。一週間で。」という2ちゃんねるのスレが大好きです。ものすごく長いけど面白い。

( ^ω^)湯呑美……。 


第21位 Another

Another: Complete Collection [Blu-ray] [Import]

Another: Complete Collection [Blu-ray] [Import]

 綾辻行人原作、ホラーミステリーの傑作。普段の生活に引きずってしまうので怖いアニメは正直苦手。推理系のストーリーとそれが災厄という超常的なものと結びついている設定が怖さと面白さを引き立てている。


第20位 サムライチャンプルー

サムライチャンプルー Blu-ray BOX (PS3再生・日本語音声可) (北米版)

サムライチャンプルー Blu-ray BOX (PS3再生・日本語音声可) (北米版)

 江戸時代が舞台の剣戟アクションだが、現代文化がいろいろ混じってて時代考証は完全無視。スピード感のある戦闘シーンがとにかくカッコいい。ストーリーはありがちなんだけど、全26話あってもマンネリ感を感じさせないほど、作画も音楽もアニメーションもセンスがある。


第19位 夏目友人帳

f:id:skky17:20140828231715j:plain

 原作は少女漫画だけど、アニメ版がすごくいい。妖怪が見えてしまう少年が主人公の和やかな雰囲気のアニメ。一話完結のストーリーがどれも良くできてて、回を重ねるごとににゃんこ先生が可愛く見えてくるw


第18位 とらドラ!

 ラブコメの王道。原作は大人気のライトノベルだが、さすがにキャラも展開もよくできてる。ラブストーリーが苦手ですぐに壁を殴りたくなってしまう人は視聴注意。


第17位 日常

f:id:skky17:20110416171411j:plain

 日常のあるあるネタを描いたシュールすぎるギャグアニメ。原作の漫画もいいんだけどアニメも勢いがあって面白い。残りストックがなくなったときに感じる喪失感こそが日常系アニメの醍醐味なのだと、これを見て気づいた。


第16位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

f:id:skky17:20140828231650j:plain

 もう戻らないあの日のノスタルジーを扱った作品。狙いすぎてる感じがして少し敬遠しながら見ていたが、女装したゆきあつが出てきて侮りがたいと襟を正す思いだった。最後まで見たけどいいアニメだったよ。作画も素晴らしい。あなるかわいい。


第15位 ピンポン

f:id:skky17:20140828231639j:plain

 みんなご存知、松本大洋の漫画作品『ピンポン』のアニメ化。最近見たアニメの中で一番面白かった!『ピンポン』感がすごく出ててたし、舞台が江ノ島らへんなのも嬉しい。岡田斗司夫に「今までアニメを信じて見続けてよかった」と言わせた作品。


第14位 マクロス フロンティア

f:id:skky17:20140828231638j:plain

 マクロスシリーズを全部見たわけじゃないけど、フロンティアはめっちゃ面白かった!ロボットものだけど歌と文明がテーマになってもいる。ガウォークというロボと戦闘機の中間形態が特徴。戦闘だけじゃなく日常の描写がしっかりしてるのがいいね。


第13位 NHKにようこそ

f:id:skky17:20140828231631j:plain

 もう古典的と言っていいかもしれない、ひきこもりをテーマにした作品の金字塔。原作は小説だが、漫画化されてそこからアニメに。岬ちゃん天使すぎワロタ。メンヘラ先輩も好きです(^^)


第12位 デジモンアドベンチャー

f:id:skky17:20140828231627j:plain

 見返してみてもやっぱり初代はすごいと思う。パートナーとの絆と「進化」がテーマ。同じ世代の少年たちに圧倒的な影響を与えたであろうアニメ。あれからもう15年経ったのか…。


第11位 新世紀エヴァンゲリオン

f:id:skky17:20090916022352j:plain

 キッズステーションで「社会現象を巻き起こした」とやたらに宣伝されていて小学生の頃に見た。凄惨な内容だしどうしようもない閉鎖感に満ちていて、ちょっとトラウマみたいになってる。社会的に大きな影響を与えたというのは頷けるし、そこには敬意を払いたい。色んな考察ができて熱狂的なファンがいるのはご存知の通り。劇場版も良かったけど庵野秀明にはエヴァ以外の作品を作ってほしいな。「ふしぎの海のナディア」とかも大好きだった。


第10位 交響詩篇エウレカセブン

 ロボットアニメだけどロボットあんまり関係ない。王道の「ボーイ・ミーツ・ガール」であり、繊細で痛ましい少年の成長物語。設定とか専門用語とか病み展開があってハードルは高いかもしれない。でも見て欲しい。色んなテーマが詰まってる。音楽も作画も最高のアニメ。


第9位 四畳半神話大系

f:id:skky17:20140828230215j:plain

 森見登美彦原作の小説をアニメ化。声優の凄さを感じた。阿呆な京大生が薔薇色のキャンパスライフを模索するループものの作品。中村佑介がキャラクターデザインの原案。理想の黒髪の乙女像である明石さんが抜群に魅力的に描かれてた。


第8位 カウボーイビバップ

 1998年放映のテレビアニメとは思えないほどのクオリティ。監督は「サムライチャンプルー」も手がけた渡辺信一郎。2071年の火星を中心とした太陽系が舞台のハードボイルドSF。作画と表現の気合の入りようがヤバい。伝説的な作品。


第7位 けいおん!

f:id:skky17:20140828235038j:plain

 女子高生のバンドをテーマにしたゆるふわ日常系アニメ。元は4コマ漫画。テーマソングも挿入歌もたくさんあって豪華。京アニは本当にすごいと思った。ゆるい雰囲気と躍動的なアニメーションのギャップがいい!


第6位 キルラキル

 すごいアニメ。学園ものから段々物語が大規模になっていくけど、全てがギャグと言えばギャグなので安心して見ていられる。レトロな作画の熱量と、スピードの早すぎる展開と、ネタとパロディで埋め尽くされた密度が最高。小さい頃に見た数々のアニメを思い出して胸が熱くなった。人を選ぶ作品ではあるけど、これこそがアニメだ!って感じがするんだよなあ。


第5位 攻殻機動隊

f:id:skky17:20140828230035j:plain

 原作は士郎正宗のSF漫画作品。これも議論の別れる余地がないほどの超名作。人を選ぶかもしれないが作品のクオリティは誰も疑わないだろう。これも食わず嫌いはやめてぜひじっくり見て欲しい「かく言う私も童貞でね」とか「情報の並列化の果てに個を取り戻すための…」とか名言が多い。「Stand Alone Complex」から見よう。


第4位 ロミオの青い空

f:id:skky17:20140828234358j:plain

 世界名作劇場の大傑作。1995年のアニメだけどまったく色褪せない。僕がバイブルにしているアニメ作品。原作はリザ・テツナーの「黒い兄弟」。煙突掃除夫として身売りされた少年たちの勇気と感動の物語。アルフレドォオオオ!!!!


第3位 コードギアス 反逆のルルーシュ

 神聖ブリタニア帝国の植民地にされてしまった日本が舞台。帝国に対して牙を向く学生ルルーシュの物語。作画と設定から取っ付きにくい雰囲気が出てるが、絶対に面白いから食わず嫌いしないでぜひ見て欲しい。ロボット、学園、戦争など、あらゆる要素を詰め込んでいるのにそれがそのままアニメの面白さにつながっている。2クールでも完結しないくらい長いけど、それだけ見応えがある。


第2位 魔法少女まどか☆マギカ

f:id:skky17:20140828225943p:plain

 虚淵玄脚本、シャフト制作のアニメ。情報過多のこのご時世、これは見ておくべきと強く言える作品はなかなかないけど、まどか☆マギカは現代の教養として絶対に見ておきたい。全12話だから6時間くらいで見終わるしね。耐性のない人だと引いてしまうような絵柄かもしれないが、脚本は最高峰。最初の展開は遅めなので1話だけ見て判断してはいけない。


第1位 物語シリーズ

 西尾維新とシャフトの遊び心が素晴らしくマッチしている。アニメの快楽と幸福が詰まった作品。かなりの大作シリーズで、アニメは「化物語」→「偽物語」→「猫物語」→「傾物語」→「囮物語」→「鬼物語」→「恋物語」→「花物語」の順番。「傷物語」は映画でやる予定らしいんだけど公開は未定。話が先に進んでいる小説のほうを読みたいんだけど、アニメを楽しみたいからアニメ見終わった後に小説読むことにしてる。子供の頃以来ひさびさに「アニメ」を楽しんだ気がした。キャラクターごとにテーマソングがあったり、OPもEDも本当に豪華。ハマりすぎに注意。


あとがき

 小さな頃はたくさんアニメを見た気がする。アニメは漫画などと違って無料で見れたからだ。当時キッズステーションというチャンネルがあって、いつの時間でもテレビをつければアニメがやっていた。アニメには、「テレビの前に座って毎週(キッズステーションは毎日だが)決まった時間に見る」という姿勢のようなものが深く関わっていると今になって思う。だから最近になってジャンルが確立してきた感じのある日常系というのはアニメの本領かもしれないね。


 子供の頃に見たアニメは後々心に響いてきたり、自分の糧になってると気づいたりする。幸い?にして僕は毎日アニメを見ることができた。小学生の頃に三大教養として掲げていたアニメシリーズは「高橋留美子作品(めぞん一刻、うる星やつら、らんま1/2)」「聖闘士星矢」「世界名作劇場(ロミオの青い空、7つの海のティコ、名犬ラッシー)」だった。この三つのジャンルから学んだことは多い。「銀河英雄伝説」なんかは途中で挫折してしまった。後は「デジモン」や、少年ジャンプのアニメ化作品(「スラムダンク」「幽遊白書」など)を好んで見た。


 最近のアニメは本当にクオリティが高い。毎週放送のテレビアニメでこのクオリティなのだ。もちろんそれを成し遂げるために地獄のようなアニメーター達の苦労があることは言うまでもない。時間とアイデアをつぎ込めるアニメ映画と違って、コンスタントに期限を守ってつくらなければいけないテレビアニメに、親しい感情と言っては失礼だが、共感と尊敬のようなものを抱いてしまう。残り時間と労力とクオリティを常に秤にかける必要があるという意味では、ブログを書くという行為にも似た所があると思う。


 いや本当に、アニメは日本の誇りだし、魂を削りながらそれを作成している方々には頭が下がるばかりだ。勝手に順位とかつけてごめんなさい。




追記

けっこう反響があったみたいです。30も一気に選ぶとわからなくなるよね。ダイミダラーとか入れるくらいなら「プラネテス」や「天元突破グレンラガン」を入れればよかった!



他のおすすめ記事