しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

大物ユーチューバーがインターネットに投げかけるもの【syamu_game】

通っていた大学では、インターネットで社会を良くしたいとか、そういうことを声高に言うやつが多く、ほとほと嫌気がさしていた。それは欺瞞としか言いようのないものだったから。 インターネットは、たしかに社会を変えるが、それは共同体を解体するような、…

ファミチキとミスタードーナツの夏

ファミチキが10周年でセールだった。ミスタードーナツも100円セールをやっていた。 僕はずっとオフィスに引きこもって仕事をしていた。 毎日セブン-イレブンでご飯を買って食べた。 最寄りの駅にファミマとミスドもあって、ミスタードーナツは個人的に好きだ…

ネットでよく見る漫画のバナー広告が好きになれない

ウェブサイトやスマホアプリによく載ってるバナー広告は、なんか気になってクリックしたくなってしまうものが多い。それは広告という目的を考えれば当然なのだけど、中でも、漫画の一コマを切り抜くバナー広告の酷さは群を抜いてる。 見たことある人は多いと…

「ポケモンGO」はこれから社会にどんな影響を与えるのか?

「ポケモンGO」の流行で、人々が何もないところにスマホを向けている風景が当たり前のものになった。 「Augmented Reality(拡張現実)」が受け入れられる社会がやってきたのだ。 近い将来、ユーザーが「ARプラットフォーム」で自由に創作して投稿できるサー…

「ポケモンGO」がきっかけで起こるかもしれないことと、権利とか出会い厨について

「ポケモン」という版権は最強。 単なる人気じゃなくて、メディアミックスで展開してきたことと、長い歴史を持っているところが強い。 もともと、何十時間も費やして「色違い」を探したり、バトルはしないけど厳選するのは好き、みたいなユーザーを抱えたコ…

オワコンになったウェブコミュニティのその後

どのようなウェブコミュニティも、いずれピークが過ぎてしまう。 驕れる者久しからず、というか、webみたいな変化の激しいところで10年以上持ったらむしろおかしい。 ウェブコミュニティがオワコン(終わったコンテンツ)になったとき、ユーザーがいなくなっ…

プロブロガーやフリーランスや地方移住を掲げてしまうイケハヤの犠牲者たちへ

話題になってますね! この記事を書いたブロガーの方(いわたさん)に宛てた応援記事です!批判したいわけじゃないよ! イケダハヤトの影響力 こういう記事を見るたびに、イケハヤの影響力ってすごいなあと思う。 イケダハヤト画像↓ イケダハヤトのブログ↓ …

「はてブ互助会」について思うこと

「はてなブックマーク」には、ブクマを多く付けられたページがピックアップされる仕組みがあって、「ホッテントリ」に入ると多くの人に記事が見られる。 「ホッテントリ」に入るためにお友達同士でブクマを付け合う行為が、「はてブ互助会」だと非難されてい…

インターネットにおける「おもしろさ」のリスク

SNSが流行し、個人に手軽な情報発信の手段が行き渡るようになった。 多くの人間が火を怖がるようにそれに接していた時代、よく学校や親からは「ネットのリスク」を盛んに説かれたものだ。どこで誰が見るかわからないから、と。 ただそんなこと言ったら、画像…

夢を見るのがめっちゃたのしい!

最近、夢を見るのにハマっている。 体育座りで「ちょっと寝」という眠り方を発見したからだ。 夢を見るのたのしい! 暇な大学生だった頃は、いろいろな夢を見たくて、一日平均15時間くらい眠ってたこともある。惰眠を貪れば貪るほどたくさん夢を見られるのだ…

深夜に江ノ島から藤沢まで歩いた話

先週の金曜日、電車を間違えて家まで帰れなかった。 2年ぶりくらいの友達と数人で飲みに行って、楽しかった。丸の内OLだけどキモヲタの僕と普通にしゃべってくれたり、社会人だからとお金を多めに出してくれたり、ぐう聖としか言いようがなかった。 そして、…

「きのこの山」と「たけのこの里」を真剣に食べ比べてみる【きのこたけのこ戦争】

きのこたけのこ戦争とは、1980年から現在にかけて、チョコレート分離主義・ハンマー族・ビスケット派を中心とするきのこの山陣営と、チョコレート混合主義・ドリル族・クッキー派を中心とするたけのこの里陣営との間で戦われている日本国最大級の内戦。(ニ…

夏の予感と思い出

今年初めて感じた夏は、夜に窓を開け放ったとき、雨の匂いと同時に来る暑さだった。 夏の予感……湿度と熱気の混じった、予想外に厚ぼったい肌触りの空気が、そのままぼんやりとした夏の暑さにつながっている気がした。 夏は思い起こされがちな季節だ。 記憶を…

「非正規雇用」の何が問題なのか?

「正規雇用」と「非正規雇用」の話題が盛り上がってるみたいです。wattoさんがこういう形で言及するのは珍しいのでちょっとびっくりしました。 正社員のらくからちゃさん。非正規雇用のwattoさんと並んだところで、ほぼニートである僕も乗っかってみますね!…

「Snapchat(スナップチャット)」をインストールしてみたら予想外にすごいアプリだった

「Snapchat(スナップチャット)」というアプリが話題になってる。 (画像はSnapchatのApp Storeから) アメリカでは大人気で、なんと2016年4月の利用時間ランキングで「Instagram」を抜いたらしい。 「AppAnnie」の調査なんだけど、1位が「Facebook」、2位…

世界で最も売れたゲーム『Minecraft(マインクラフト)』の真実

『Minecraft(マインクラフト)』は販売本数が1億本を突破し、世界一売れたゲームになった。おそらく、これからも売れ続けるだろう。 小学校の教材として使われている国もあるくらいで、もはやWordやExcelみたいに必須アプリのような位置づけだ。「Minecraf…

「電ファミニコゲーマー」に寄稿しました

こんにちは。しっきーです。 このたびは、「電ファミニコゲーマー」さんの媒体に記事を寄稿しました。ぜひ読んでください。 「しっきーのブログ」もけっこう長い間やってるんだけど、寄稿するのって初めてなんですよね。商業媒体は色々とめんどくさそうでお…

「Splatoon(スプラトゥーン)」の楽しさを語りたい

スプラトゥーンは、実際に触れてやってみる前の段階ですでに、楽しさを感じてしまう作品だった。 子どもの頃はあらゆるゲームがそんな感じで、大人になるにつれて無くしてしまったワクワクに似たものを、スプラトゥーンで思い出すことができた。ハイカラシテ…

「ボンバーマン」の思い出

「ハチ助」と呼ばれる、蜂のマークには思い出深いものがある。現在は買収されてしまった北海道のゲーム会社「ハドソン」のロゴだ。 「高橋名人の冒険島」「天外魔境」「桃太郎電鉄」など、いくつもの人気ゲームを世に出してきたハドソンだが、中でも「ボンバ…

25歳になった

今日で25歳になったよ。 誕生日くらいでブログ書くとか女子かよ。って思われるかもしれないけど、記念日を祝うほどの余裕と華やかさがある人生ってステキだと思うな。 まあ去年も一昨年も書いてるのでほとんど義務的に今年も書くんですけどね。 ていうか、去…

自意識の戦場で手斧を握りしめろ!

これからは、多くの日本人がプライドを失っていくことになる。日本はこれまでのように経済の強い国でも、技術力のある国でもなくなっていく。 そしてこれまでと同様に、下手をしたらこれまで異常に、多くの人が理不尽な思いを経験する世界になるかもしれない…

「MOTHER」というゲームが生みだしたもの

「MOTHER」は、コピーライターだった糸井重里によってつくられたファミコンのゲームソフトだ。 1989年の、夏休みが始まってまもない7月27日に発売された。 1900ねんだいの はじめ アメリカのいなかまちに くろくものようなかげがおち ひとくみの ふうふが ゆ…

ドラゴンクエストと日本語と、RPGの叙情

デジタルゲームは、基盤となる技術水準に大きく依存する。その意味で、常に制約の産物だと言える。 ある時期、ある時点において、時代の制約を”モノにできた”作品がある。 例えばその一つとして、現在まで続く日本のRPG(ロール・プレイング・ゲーム)の源流…

写真が嫌いな女の人

写真が嫌いな女の人って、いるのだろうか? けっこういるのではないかと思う。そういう人達をSNSなどで目にすることがないだけで。 美人でも、写真写りの悪い人がいる。良く見えるように写ろうとしない人、そういうことが苦手な女の人がいる。 画像や動画と…

インターネットの理不尽の犠牲になった人ランキング

インターネットでは、あるトピックが、本人の意図を越えて拡散されてしまう。 馬鹿なことをしたり悪いことをして炎上するのはよくあるが、特に悪いことをしたわけでもないのに、なぜか注目されてネット民の玩具にされるという不幸な事例もある。 これは、そ…

海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が面白すぎる

「ゲーム・オブ・スローンズ」をシーンズ5まで見て、とても面白かったので、ネタバレ無しで紹介していく。 全米でDVD売上第1位の海外ドラマ。 玉座を奪い合う者達の群像劇で、ドラゴンや魔法も出てくるファンタジー。ただ、常に魔法を使って闘うみたいな感じ…

リクルートスーツの女子は人界に於ける黄金、瑠璃、真珠なり

その文章自体はよく覚えていないのだが、そこで引用されていた三島由紀夫の言葉だけは印象に残っていて、記憶にあった断片で検索をかけてみたところ、どうやら毎日新聞に寄稿された一文らしかった。 昔の武士は、藩に不平があれば諫死しました。さもなければ…

最高にオシャレなお菓子「CHELSEA(チェルシー)」の魅力を語る

中学の修学旅行のときに、同じ部屋の、お目目がぱっちりした同級生にこっそり打ち明けられたことがある。彼は僕に顔を寄せてカバンからあるものを取り出した。 アポロチョコレートだった。 彼は、「自分のお菓子」を持ってるって、なんかよくない? みたいな…

「オープン」なインターネットから「クローズド」なインターネットへ

コンピューターの世界では、「オープン」がある種の宗教性を帯びたイデオロギーになっていると、カドカワの社長である川上量生は言う。 しかしすでに「オープン」は力を失い始めていて、少なくともここしばらくは、ネットの世界は段々と「クローズド」な方向…

松屋で「ごちそうさま」を言うか問題

最近、「松屋」に行くことが多い。普段はブロッコリーを食べてるのだけど、それに耐えられなくなると行ってしまう。 松屋はカレー系が特にうまいと思う。牛肉がたっぷり入ってるカレーという時点で多幸感がある。新作の「ごろごろチキンカレー」も美味しかっ…