読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しっきーのブログ

ひろいこころで\(^o^)/

ゲーム

おすすめのスマホゲームアプリをランキング形式で紹介する

おすすめのスマホゲームアプリをランキング形式で紹介していく。どのアプリもiPhoneとAndroidの両方に対応していて、無料でインストールできる。第1位から順番に発表。 第1位 Hearthstone(ハースストーン) TCG(トレーディングカードゲーム)を遊べるアプ…

【スーパーマリオラン評価】ゲームアプリを「無料で当然」と思ってしまうのは無理もない

Super Mario Run(スーパーマリオラン)のカスタマー評価が低い。任天堂の株価まで下がっている。 ざっとレビューを見た感じ、かなり理不尽な低評価のつけかたをするユーザーがいる一方、「やってないけどマリオ大好き」みたいなコメントで星5つの評価をして…

「手塚治虫の功罪」は今のスマホゲームまで続いている?

「マンガの神様」手塚治虫は、アニメーターでもあり、アニメ制作会社「虫プロ」の経営者でもあった。 手塚が後世に与えた影響は計り知れず、今の流行のスマホゲームにまで続いていると僕は考えている。そして、いまだに、「手塚治虫の功罪」について議論され…

もっと評価されるべきおすすめのスマホゲームアプリを紹介【iPhone/Android】

スマホで遊べるおすすめのゲームアプリを紹介していく。 iPhoneかAndroidの端末なら、どれも無料でインストール可能。基本的に自分の好みを優先していて、必ずしもマイナーな作品ばかりをとりあげているわけではない。「もう十分に評価されてるだろ!」とい…

「ポケモンGO」はこれから社会にどんな影響を与えるのか?

「ポケモンGO」の流行で、人々が何もないところにスマホを向けている風景が当たり前のものになった。 「Augmented Reality(拡張現実)」が受け入れられる社会がやってきたのだ。 近い将来、ユーザーが「ARプラットフォーム」で自由に創作して投稿できるサー…

「ポケモンGO」がきっかけで起こるかもしれないことと、権利とか出会い厨について

「ポケモン」という版権は最強。 単なる人気じゃなくて、メディアミックスで展開してきたことと、長い歴史を持っているところが強い。 もともと、何十時間も費やして「色違い」を探したり、バトルはしないけど厳選するのは好き、みたいなユーザーを抱えたコ…

世界で最も売れたゲーム『Minecraft(マインクラフト)』の真実

『Minecraft(マインクラフト)』は販売本数が1億本を突破し、世界一売れたゲームになった。おそらく、これからも売れ続けるだろう。 小学校の教材として使われている国もあるくらいで、もはやWordやExcelみたいに必須アプリのような位置づけだ。「Minecraf…

「電ファミニコゲーマー」に寄稿しました

こんにちは。しっきーです。 このたびは、「電ファミニコゲーマー」さんの媒体に記事を寄稿しました。ぜひ読んでください。 「しっきーのブログ」もけっこう長い間やってるんだけど、寄稿するのって初めてなんですよね。商業媒体は色々とめんどくさそうでお…

「Splatoon(スプラトゥーン)」の楽しさを語りたい

スプラトゥーンは、実際に触れてやってみる前の段階ですでに、楽しさを感じてしまう作品だった。 子どもの頃はあらゆるゲームがそんな感じで、大人になるにつれて無くしてしまったワクワクに似たものを、スプラトゥーンで思い出すことができた。ハイカラシテ…

「ボンバーマン」の思い出

「ハチ助」と呼ばれる、蜂のマークには思い出深いものがある。現在は買収されてしまった北海道のゲーム会社「ハドソン」のロゴだ。 「高橋名人の冒険島」「天外魔境」「桃太郎電鉄」など、いくつもの人気ゲームを世に出してきたハドソンだが、中でも「ボンバ…

「MOTHER」というゲームが生みだしたもの

「MOTHER」は、コピーライターだった糸井重里によってつくられたファミコンのゲームソフトだ。 1989年の、夏休みが始まってまもない7月27日に発売された。 1900ねんだいの はじめ アメリカのいなかまちに くろくものようなかげがおち ひとくみの ふうふが ゆ…

ドラゴンクエストと日本語と、RPGの叙情

デジタルゲームは、基盤となる技術水準に大きく依存する。その意味で、常に制約の産物だと言える。 ある時期、ある時点において、時代の制約を”モノにできた”作品がある。 例えばその一つとして、現在まで続く日本のRPG(ロール・プレイング・ゲーム)の源流…

「miitomo」から見るこれからの任天堂

任天堂初のスマホアプリである「miitomo」がリリースされましたね。みなさんフレンドいますか? 私は任天堂ファンなのですが、miitomoのレビューと、そこから見えてくるウェブ文化とコンシューマー文化の違い、今後の任天堂がどうなりそうかみたいなことにつ…

ハースストーンたのしいよ!

こんにちはしっきーです。ハースストーンやってます。 ハースストーン(Hearthstone)とは? 大人気オンラインカードゲームだよ。スマホでもPCでも無料でできるよ!課金すれば強いカードが手に入る点はソシャゲと同じだよ。パックを買って出てくるカードはラン…

確率を信仰してしまうということ【グラブルガチャ問題について】

グランブルーファンタジーのガチャが炎上した。 ソシャゲ業界がガチャ儲けていたのは前からだけど、グラブルは宣伝されていたガチャのレア排出率と実際の確率が違ったから、ものすごく問題になっている。 グラブルはやり過ぎたし、詐欺として罰せられてもお…

インターネットの有名人をポケモンで表現してみた

インターネットの有名人をポケモンで表現してみた。ポケモンやったことない人が見てもよくわからないと思う。 やまもといちろう タイプ:あく、フェアリー 特性:いたずらごころ 覚えそうな技:ふいうち、おいうち、あくのはどう、はたきおとす、じゃれつく…

「RPGツクールMV」は新しい創作のジャンルになるか?

先日、ニコニコ闘会議に行ってきました。 ボドゲしたりライブ聴いたりスプラトゥーン甲子園見たりと色々楽しかったんですが、自作ゲームコーナーもなかなか良かったです。 現在、「RPGツクールMV」というソフトが発売されています。無料で一ヶ月使える体験版…

なぜ日本のソシャゲは国内で儲かり海外で流行らないのか

「ゲームとは何か?」という問いかけが途方もないほど、「ゲーム」という言葉はあまりに様々に使われているが、今回は思い切って不遜な疑問を投げかけてみたい。 日本で「ゲーム」とされている作品の多くは本当にゲームなのか? それはむしろ、ゲームの形式…

なぜニコ動の人気実況者(キヨ、レトルト、アブなど)にはアンチが多いのか?

みなさん、ゆうべの超パーティー2015はおたのしみでしたね。 Twitterで超パの感想みてたけどゲーム実況すげー歌い手すげーばっかりで俺は一切触れられてなかったからもうすべて夢だったんだろう。おやすみなさい。— れるりり (@rerulili) October 26, 2015 …

日本のクリエイターへの差別や偏見とスーパーマリオメーカー

今ではそれほど見られないが、かつて、日本において漫画、アニメ、ゲームに関わる者は差別や偏見に晒されてきた。クリエイターの地位は低かった。 それは単なる不理解というわけでもなく、文化的特徴と言っていい。 かつて偏見に晒されてきた人が、新しい日…

最後のゲーム実況者「ふぅ」とニコニコ動画の終わり

「マリオメーカー問題」と言われて炎上している、ゲーム実況者「ふぅ」が投稿した「マリオメーカーにたった1人で挑んだ実況者のラジオ」について語る。 最初に立場を言っておくと、僕はふぅを全力で支持する。ふぅの主張は、正しくはない。それでも、間違っ…

【YouTube】おすすめのゲーム実況者と実況動画【ニコニコ動画】

おすすめのゲーム実況者を紹介し、その実況者の中で個人的に一番面白いと思う実況動画へのリンクを貼ります。 ニコニコ動画の実況者もYouTube実況者も紹介していきます。 ランキング形式ではないので順番は特にありませんが、ゆっくり実況は後のほうで紹介し…

ファミコンとその時代

ファミコンを現在に至る和ゲーの流れを決定的にしたものと位置づけ、それがいかにして作られたかを辿る本。ちゃんとした書き方がされてないのでそれほど資料性があるわけでもないが、当時のダイナミズムがわかる良い本だと思う。 ファミコンとその時代作者: …

英語を学習できるソーシャルゲームの作り方

【目次】(ページ内リンクです) 要約> 序文> ソーシャルゲームのフォーマット> 「学習」をゲームにするために 無理やり分割する> 学習内容とゲームの機能を結びつける> 誰でも成功(計画→実行→達成)できるようにする> 惰性を組み込む> 学習のインセンティ…

しっきーの「ゲームとかコンテンツの話」まとめ

しばらく連載っぽくやっていた一連の記事のまとめです。要約つきでどうぞ。 1.「ゲーム」の定義と、ゲームが持つ超越性について ゲームは、入力から出力までの時間が短く、入力に対して出力が誇張され、自分の外部に確信があるという働きによって、誰でも「…

ニコニコ闘会議2015に行った感想

本日、闘会議に行ってきました。月末までがレポートの提出だったから、僕はリアルに闘っていた。日本のゲームってそもそもの成り立ちが逃避的なものだと僕は考えている。逃げてきたツケが回って卒業が危うくなってこそのゲーマーでしょう? レポート出し終え…

コンシューマーゲームがこの先生きのこるには

概要 製品を有料で売ることが難しくなった 任天堂のアミーボは「いいわけ」 ゲームというコンテンツ自体がユーザーの創作を促すプラットフォームになるべき 「コンテンツ」がそれぞれにとって切実な時代に 最近低迷している大手の家庭用ゲーム会社がこの先生…

おすすめのゲーム実況動画&実況者を紹介する

任天堂が、niconicoの「クリエイター奨励プログラム」に自社のゲームソフトを使った実況動画を対応させていいと公式に許可したみたいです。事実上の二次創作許諾と言っていいでしょう。任天堂好き、ニコニコゲーム実況好きとしてはすごくうれしいニュース!…

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』についての雑感

概要 スマブラ3DS、スマブラWiiUについての雑感 スマブラ3DSのバランスってどうなの? AIを育成するアミーボってすごくね? ソシャゲは「サービス業」だけどスマブラは「製造業」 大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS出版社/メーカー: 任天…

名作ボードゲーム『DiXit(ディクシット)』を遊んでみたらすごかった!!

概要 名作ボードゲーム「Dixit(ディクシット)」をやった。 すごいゲームだった。簡単にルールとか感想とか書いてく。 かわいい女の子と一緒にボードゲームがしたい。 僕はゲーム系の記事とかよく書いてるんだけど、その対象はデジタルゲームだった。しかし…

日本のゲーム産業の現状

概要 ゲームについて語るが、その前に日本のコンテンツ産業全体の話から。 ハリウッド型コンテンツの武器は大規模な宣伝とクオリティの高さ。日本型コンテンツの武器はタブーの少なさと参加する敷居の低さが生み出す「多様性」。 大手のゲーム産業は「ハリウ…

ゲームは一日一時間というライフハック

概要 「ゲームは一日一時間」という画期的なライフハック方法を提案します。 というのはウソで、ただの駄文です。 今日はモンハン4Gの発売日だよね。やりたい。めっちゃやりたい。ハンターになりたい。でもモンハンに手を出すと色々と終わってしまう気がす…

コンテンツのデジタル化の先にAKBやソーシャルゲームがある

概要 コンテンツはデジタル化によって価格が無料に近づいていく。そして、あらゆるコンテンツは無料との競争を強いられることになる。 無料のコンテンツを前提とした上での、参加型のエンターテイメントが増えてきている。 そこそこのコストでそれなりのクオ…

任天堂のスマホ展開を考える

任天堂がモバイルに参入みたいなニュースが一瞬目に入ってびっくりしたけど、全然そんなことじゃなかった。もともとPCでやってたポケモンカードのゲームをiPadに移すというだけの話だ。それでも一時期株価は上昇したらしい。「スマートデバイスでお客様との…

おすすめのポケモン対戦動画を紹介する

ポケモン対戦ってやるのも面白いけど、見るのも面白いよね。色んなポケモンの組み合わせや使い方があって、人それぞれ色んなたたかい方ができる。幸いなことに、ニコニコ動画やYouTubeではポケモンの対戦動画がたくさんあがっている。ここでは、おすすめのポ…

ポケモンバトルについて思うこと

ポケモンで対戦することは、憧れだった。初代からやってきたポケモンも、友達と真剣に対戦した経験はなかったし、テレビや雑誌でやっているポケモンバトルは食い入るように見た。ポケモン図鑑を完成させ、手持ちのポケモンのレベルを100まで上げたが、他のプ…

好きなポケモンを10匹選んでみたよ!

どうしてそういうことする気になったのかわからないけど、好きなポケモンを10匹選んでみることにした。いざ選ぼうとするとどれも良く思えてきて、10匹までしぼるのは断腸の思いだったよ!! フシギバナ めちゃくちゃ愛着がある。攻撃技ははっぱカッター…

「ソーシャルゲーム批判」について

僕はこの前「ソーシャルゲーム批判」という記事を書いて、それがけっこうバズった。はてなのホットエントリーとかには入ってないんだけど、Twitterで400リツイート、フェイスブックで400いいね!くらいされたし、出版社から声がかかったのもこの記事がきっか…

ゲームを作りたい

何かを作る仕事がしたい。ふと、気まぐれで大学でやってた就農セミナーに参加して、農業っていいなあ、と思ってしまった。将来自分が何をできるかを考えたときに、胸を張ってこれができる、みたいなことは何もないし、広告打ちまくったりとかつまらないもの…

ゲーミフィケーションって何だろう?

「ゲーミフィケーション」という言葉が最近けっこう使われたり、本が出版されたりしている。「ゲーム」の中にあるなんらかの良い効果を目的に応じて使おう、という取り組みとして紹介されることが多い。ただ、ゲーミフィケーションとは何かを定義するのは難…

ソーシャルゲームと少年漫画は似ている

ソーシャルゲームと少年漫画は似ている。ソーシャルゲームはユーザーの人気がなくなればサービスが終了するし、少年漫画もアンケートの結果次第で生き残るかどうかが決まる。(ソースはバクマン)アップデートでデータを継ぎ足していくところも、連載して話…

スーパーマリオの発想とこれから

スーパーマリオの特徴は、任天堂そのものの特徴でもある。マリオの生みの親である宮本茂は、新しいテクノロジーが更新されるたびに、新しいマリオのソフトを1本つくることを色んな場所で公言している。(参考1、参考2)マリオは最先端の技術に結びついたキ…

ソーシャルゲーム批判

どうしてソーシャルゲームを批判しなければならないのだろうか。僕が子供の頃、「ゲーム」は親にもまわりの大人にもいい顔をされないものだった。一見眉をしかめたくなるものであっても、目の前に現れた新しい「遊び」を安易に非難するべきではない。それは…

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

日本の「ものづくり」が衰退してきているとはよく聞く。例えば日本経済発展の一つの象徴だった自動車業界も、工業化から情報化の流れで苦しくなってきている。もともと自動車は複雑なすり合わせの作業が求められるもので、エンジンからシャフトからギアから…

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス

Legend Of Zelda:Twilight Princess Trailer November ... かつて、これほど待ち望んでいたゲームはなかった。このトレーラーを何度見たかわからない。「風のタクト」から3+1年。発売が1年延期になったのは残念でもあったけど、ますます期待が高まった。…

ゼルダの伝説 風のタクト

ゼルダの伝説の魅力とは何だろう。手の尽くされた謎解きだろうか。爽快なアクション性だろうか。色んな武器が手に入る楽しみだろうか。奇妙で魅力的な登場人物だろうか。美しいグラフィックだろうか。心にしみる音楽だろうか。壮大な世界観だろうか。王道の…

【ピクミン】という最高の箱庭ゲーム

初代ピクミンは2001年に発売された。僕はゲームキューブの購入と同時に「ピクミン」のソフトを手にとった。「ルイージマンション」は友人から借りる目処がついていたので、任天堂の新作ソフトで気になっていたピクミンを買うことにしたのだ。 やっている…

ニコ動でおすすめのゲーム実況者を16人選んだ

ニコニコ動画でおすすめのゲーム実況者を16人選んで紹介していきます!完全に僕の主観で、勝手に好きな実況者を選びました。ちょっと長いですが、よろしければ見ていってくださいヽ(^o^)丿 キリン 最初に動画を見たときは「何この人?なんでこんなに再生数…

おすすめのゲームベスト100をランキング形式で紹介する

ゲームを語るというのはそのまま世代論でもあるかもしれない。年代によって好きなゲームが違うのは当たり前だろう。ボクは1991年生まれで、任天堂64、ゲームキューブ、プレステ、PS2が一番ゲームを楽しんでいた時期のハードになる。ただ、現在もゲームはや…

【MOTHER】と【ポケモン】と、あのときの冒険

人前でゲームをするのは、躊躇いがある。僕は、携帯ゲームやソーシャルゲームを電車の中や公共の場所でしないことにしている。みっともなく思っているというよりは、後ろめたさがある。そして、その後ろめたさに固執してもいる。 子供の頃、僕の家では平日に…